ウミヅキチョウチョウウオ

ウミヅキチョウチョウウオ(海月蝶々魚、学名:Chaetodon bennetti)は、スズキ目チョウチョウウオ科に分類される魚類の一種。和名は、体側にある黒い紋をに見立てたことに由来するとされる[1]

ウミヅキチョウチョウウオ
Bep chaetodon bennetti.jpg
ウミヅキチョウチョウウオChaetodon bennetti
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : スズキ亜目 Percoidei
: チョウチョウウオ科 Chaetodontidae
: チョウチョウウオ属 Chaetodon
: ウミヅキチョウチョウウオ C. bennetti
学名
Chaetodon bennetti
G. Cuvier, 1831
和名
ウミヅキチョウチョウウオ
英名
Bennett’s butterflyfish
Bluelashed butterflyfish

形態編集

  • 全長は約18cm[1]
  • 体側に青白く縁取られた黒色の紋がある[2]
  • 鰓から臀鰭にかけて、斜めの青白い帯が2本ある[2]
  • 尾鰭の縁は白っぽい[2]
よく似た種
 
トノサマダイ

よく似た種として「トノサマダイ」がいる。

両種は外見上酷似しているが、

  • 黒い紋の周囲にある青の輪が、ウミヅキにはあり、トノサマにはない[1]

といった相違点がある。

生態編集

雑食[1]で、主に生きたサンゴポリプを食べる[3]

水深5-30mのサンゴ礁、岩礁域で見られる[2]。性格は臆病である[4]

分布編集

ポリネシアからアフリカ沿岸までの西・中部太平洋インド洋に生息する[1]。日本では本州中部以南に分布する[2]。どこの地域でも数は少ない[4]

人とのかかわり編集

観賞魚。飼育下では体色が黒ずむことが多い[4]

脚注・出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 中村(2003).
  2. ^ a b c d e 魚類図鑑・ウミヅキチョウチョウウオ”. stardust31.com. 2020年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月1日閲覧。
  3. ^ ウミヅキチョウチョウウオ”. 美ら海水族館. 2020年3月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月1日閲覧。
  4. ^ a b c 荒俣、中村(1997).

参考文献編集

  • 荒俣宏、中村庸夫(写真)『チョウチョウウオの地球』エムピージェー、1997年、p. 79。ISBN 4-89512-223-9
  • 中村庸夫『チョウチョウウオガイドブック』TBSブリタニカ、2003年、p. 103。ISBN 4-484-03404-2

関連項目編集

外部リンク編集