メインメニューを開く

ウルス・ボラト晋王1482年 - 1508年)は、オルドス・トゥメンの晋王(ジノン)である。ダヤン・ハーンの次男。オルス・ボラド(ulus bolad)、オルス・バイフ(ulus bayiqu)とも表記する[1]

生涯編集

1482年ダヤン・ハーンとマンドゥフイ・セチェン・ハトンとの間にトロ・ボラトと双子で生まれる。

1508年、右翼からオルドス・トゥメンのハルハタン部のバイチュフル・ダルハン、ヨンシエブ・トゥメンのブリヤート部のジルグガタイ・メルゲン,トゥメト・トゥメンのモーミンガン部のドゴラン・アハラフら3人の貴族が30人の家来を連れて、ウルス・ボラトを右翼の晋王(ジノン)に立てるべくやって来た。ダヤン・ハーンとマンドゥフイ・セチェン・ハトンを始め、皆が同意したため、ウルス・ボラトはゴルラト部のババハイ・オルルクを従者に、晋王になるべく右翼へ向かった。到着すると、八白室(ナイマン・チャガン・ゲル:チンギス・カン廟)に拝礼し、ウルス・ボラトは晋王となった。しかし、よそから来た新たな主に不満を持ったヨンシエブのイバライ(イブラヒム)太師とオルドスのマンドゥライ・アハラフの2人が謀反を企み、シボーチン部のボルジョモルという者をそそのかし、翌朝、拝礼前のウルス・ボラト晋王が乗る馬をボルジョモルに奪わせた。ウルス・ボラト晋王は「放せ、後で話し合おう」と言ったが、ボルジョモルが手綱を放さないので彼を斬り殺した。これに対し、イバライ太師とマンドゥライ・アハラフの2人は言いがかりをつけてウルス・ボラト晋王を殺そうとした。バイチュフル・ダルハンらが止めようとするも、イバライ太師らは聞かず、両者は八白室において戦闘になった。この中でトゥメト部のバヤンマラトという者がイバライ太師の胸を射当てたが逃してしまい、ウルス・ボラト晋王は何者かに射殺されてしまう。

[2]

脚注編集

  1. ^ 吉田 1998,p231-232
  2. ^ 岡田 2004,p225-229

参考資料編集