メインメニューを開く

ウート・ウーギ(Uto Ughi、1944年1月21日 - )は、イタリアヴァイオリン奏者[1][2]

ウート・ウーギ
Uto Ughi 1970b.jpg
ウート・ウーギ, 1970
基本情報
生誕 (1944-01-21) 1944年1月21日
出身地 イタリアの旗 イタリア
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト
担当楽器 ヴァイオリン

経歴編集

4歳でミラノ・スカラ座管弦楽団アリオダンテ・コッジに手解きを受け、7歳で初リサイタルを開く。その後、ジョルジュ・エネスコに師事。

キジアーナ音楽院に入学し、コルラド・ロマーノに師事。世界各地で演奏活動を行う。1980年に初来日。

サンタ・チェチーリア国立アカデミア教授、パガニーニ国際ヴァイオリン・コンクールの審査員などを務める。

使用楽器は、1744年製グァルネリ・デル・ジェス「Cariplo」、1701年製ストラディヴァリウス「Kreutzer」。

イタリアにおいては、今世紀の最も著名なヴァイオリニスト、そしてイタリアに生まれ開花した最初の偉大なヴァイオリン流派の伝統の正統継承者としてみなされる。またウート・ウーギ自身、ヴェネツィアの歴史的文化遺産修復・救済の基金のために、ヴェネツィアにおける芸術祭である"OMAGGIO A VENEZIA"を創立する等、音楽活動のみならず、イタリアの国民的愛国的文化芸術保護のためにも努めている。

出典編集