エゾニュウAngelica ursina)はセリ科シシウド属植物の一種。

エゾニュウ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: セリ目 Apiales
: セリ科 Apiaceae
: シシウド属 Angelica
: エゾニュウ A. ursina
学名
Angelica ursina

分布編集

北海道、本州(北部・中部)に分布する[1]

特徴編集

草丈1-3mの多年草[1]。直立した太い茎は、上部でいくつも枝分かれしている[1]。葉は2-3回3出の羽状複葉[1]。7-8月に花を咲かせ、散形花序となる[1]

和名の「ニュウ」はアイヌ語に由来する[1]

主に茎の部分を山菜として利用する。非常にアクが強いため、いったん塩蔵してから塩抜きして食用とする。秋田県などでは「ニョウサク」「ミョウサク」などと呼ばれ、特に好まれる。

参考文献編集

  1. ^ a b c d e f 鮫島淳一郎・辻井達一・梅沢俊『新版 北海道の花 増補版』北海道大学図書刊行会、1993年4月25日。ISBN 4-8329-1013-2p.97