エトゥンビ(Etoumbi)はコンゴ共和国の北西部、西キュヴェト県(Cuvette-Ouest)にある町。

エトゥンビ

Etoumbi
エトゥンビの位置(コンゴ共和国内)
エトゥンビ
エトゥンビ
エトゥンビの位置(コンゴ共和国)
北緯0度01分 東経14度54分 / 北緯0.017度 東経14.900度 / 0.017; 14.900
コンゴ共和国の旗 コンゴ共和国
西キュヴェト県

概要編集

首都のブラザヴィル(Brazzaville)から640km北で、西のガボンとの国境から100kmほど離れている。住民の多くは近くの森林で狩りをして生活をたてている。

その他編集

エトゥンビは近年になってエボラ出血熱が発生した4ヶ所の一つで、感染のきっかけは住民が森で見つけた死獣(チンパンジー)を食べたためと見られている。2003年の発生では120人が死亡した。2005年5月の発生の際(12人が発症、うち9人が死亡、1人がエボラ出血熱と確定)には近くの町ンボモ(Mbomo)と共に周辺地域との交通が遮断された。

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集