メインメニューを開く

ネイピア卿

エトリック男爵から転送)
ネイピア卿ネイピア家の紋章

ネイピア卿: Lord Napier)は、スコットランド貴族ロード・オヴ・パーラメント

アーチボルド・ネイピア英語版1627年に叙されたのに始まる。

目次

歴史編集

スコットランド王ジェイムズ6世(イングランド王ジェイムズ1世)の廷臣アーチボルド・ネイピア英語版(1575頃-1645)は、1627年3月2日勅許状でスコットランド準男爵位の(マーチストンのネイピア)準男爵、ついで同年5月4日の勅許状でスコットランド貴族爵位マーキストンのネイピア卿に叙せられた(創設当初は直系の男系男子に限定される爵位だった)。その後のイングランド内戦に際して彼は初代モントローズ侯爵ジェイムズ・グラハムとともに王党派として行動し、キルシスの戦いに参加している[1][2]

初代卿の死後、その息子のアーチボルド・ネイピア英語版(1625頃–1660)が2代卿を継承し、2代卿の死後はその息子アーチボルド・ネイピア英語版(-1683)が3代卿を継承した[2]。3代卿には子供がなかったため、1677年にネイピア卿位を一度王冠に返還し、彼の姉妹への継承や姉妹の子孫について女系継承を可能とする継承規定を付け加えたうえで再び与えられた[2][3]

3代卿の死で初代卿の男系男子は絶え、(マーチストンのネイピア)準男爵位は休止(dormant)となったが、ネイピア卿位は上記の追加規定により2代卿の長女ジーンと(カーノックの)第3代準男爵トマス・ニコルソンの間の長男である第4代準男爵トマス・ニコルソン英語版(1669–1688)に女系継承されて存続した(4代卿)[2]。彼は子供のないまま早世したので、叔母(2代卿の次女)のマーガレット・ブリスベン英語版(-1706)が5代女卿を継承した。彼女の死後は、その娘エリザベスと第2代(サールズテーンの)準男爵ウィリアム・スコット英語版の子である第3代準男爵フランシス・スコット英語版(1702頃–1773)が6代卿を継承した[2]。この継承に際して彼はスコット姓からネイピア姓に改姓した[4]

以降は6代卿の直系の男系男子によって継承されていく[2]

8代卿フランシス・ネイピア英語版(1758–1823)は、スコットランド貴族の貴族代表議員(在職1796年-1806年、1807年-1823年)やスコットランド教会総会への勅使英語版(在職1802年-1816年)、フリーメイソンのスコットランド・グランドロッジ英語版の最高指導者グランドマスター英語版(在職1788年-1790年)などを歴任した[2][5]

10代卿フランシス・ネイピア(1819–1898)は、外交官として各国公使・大使を歴任した後、植民地インドに赴任し、マドラス総督英語版(在職1866年-1872年)、ついでインド総督代理(在職1872年)を務めている。帰国後の1872年7月16日の勅許状で連合王国貴族爵位セルカーク州におけるエトリックのエトリック男爵(Baron Ettrick, of Ettrick in the County of Selkirk)に叙された。これにより以降の当主は自動的に貴族院議員に列した[6][2][7]

現在の当主は15代卿フランシス・ネイピア英語版(1962-)である[2][8]

現当主の保有爵位・準男爵位編集

現在の当主フランシス・ネイピア英語版は以下の爵位・準男爵位を保有している[2][8]

一覧編集

ネイピア卿 (1627年)およびエトリック男爵 (1872年)編集

(サールズテーンの)準男爵 (1666年)編集

系譜図編集

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^   "Napier, Archibald (1576-1645)". Dictionary of National Biography (英語). London: Smith, Elder & Co. 1885–1900. 
  2. ^ a b c d e f g h i j Heraldic Media Limited. “Napier of Merchistoun, Lord (S, 1627)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年2月25日閲覧。
  3. ^ Lundy, Darryl. “Archibald Napier, 3rd Lord Napier of Merchistoun” (英語). thepeerage.com. 2016年2月25日閲覧。
  4. ^ Lundy, Darryl. “Francis Napier, 6th Lord Napier of Merchistoun” (英語). thepeerage.com. 2016年2月25日閲覧。
  5. ^ Lundy, Darryl. “Francis Napier, 8th Lord Napier of Merchistoun” (英語). thepeerage.com. 2016年2月25日閲覧。
  6. ^   Arbuthnot, Alexander John (1901). "Napier, Francis (1819-1898)". In Lee, Sidney. Dictionary of National Biography (1st supplement) (英語). 3. London: Smith, Elder & Co. 
  7. ^ Lundy, Darryl. “Francis Napier, 10th Lord Napier of Merchistoun” (英語). thepeerage.com. 2016年2月25日閲覧。
  8. ^ a b Lundy, Darryl. “Francis David Charles Napier, 15th Lord Napier of Merchistoun” (英語). thepeerage.com. 2016年2月25日閲覧。
  9. ^ Oxford Dictionary of National Biography. "William Scott" 2016年2月29日閲覧

関連項目編集