エドワード・ウィテーカー・グレイ

エドワード・ウィテーカー・グレイ(Edward Whitaker Gray、1748年3月17日1806年12月27日)はイギリス博物学者である。大英博物館の初期の学芸員で、王立協会の事務局長(secretary)も務めた。薬学者のサミュエル・フレデリック・グレイの叔父である[1]

略歴編集

王立医師会(College of Physicians)で学んだ。この間、司書を務め、1773年に医師資格を取得し、学位を得た。1753年に創立された大英博物館の博物学、考古学部門の学芸員(keeper)に採用され、1753年に死亡し、大英博物館に購入されたハンス・スローンのコレクションの整理を行った[2]。この仕事は1778年から没するまで続けられ、リンネの分類法にもとづく博物学標本の整理を行った[3][4] 。1791年から、この仕事を助けたジョージ・ショーが1807年に学芸員の職を継いだ。

動物学の分野では、『大英博物館の貝類カタログ』("Catalogue of Shells for the British Museum" :1791)が最も知られている[5]。1789年に王立協会の会誌、フィロソフィカル・トランザクションズに両生類に関する論文を執筆した。1788年に創立されたロンドン・リンネ協会の最初の会員の一人であった。王立協会フェローに選ばれ、1789年に事務局長(secretary)に選ばれた[6]

著作編集

フィロソフィカル・トランザクションズに執筆した記事 [7]編集

Catalogues編集

  • Catalogue of plants found in the neighbourhood of Newbury (published by Hall & Marsh 1839).
  • Catalogue of shells bequeathed to the British Museum by the Rev. Clayton Mordaunt Cracherode, A.M. (published 1801).

参考文献編集

  1. ^ Journal of botany: British and Foreign, ed. Britten, vol. xxvii., p. 46, (London 1889).
  2. ^ The Athenæum, Vol. 2, p. 343, comp. John Francis (London 1888).
  3. ^ Statutes and rules for the British museum, pp. 46–6, (London 1839).
  4. ^ Royal Gardens, Kew. Bulletin of Miscellaneous Information, p. 76, (London, 1894).
  5. ^ Arts and sciences: or, Fourth division of "The English encyclopedia", Volume 2, p. 377 ed. Charles Knight (London 1866).
  6. ^ Dictionary of National Biography, 1885-1900, Volume 23 Gray, Edward Whitaker by George Simonds Boulger
  7. ^ Alphabetical Index to Philosophical Transactions volumes 71-120, (London 1821).