メインメニューを開く
初代アシュボーン男爵エドワード・ギブソン

初代アシュボーン男爵エドワード・ギブソン: Edward Gibson, 1st Baron Ashbourne, PC1837年9月4日 - 1913年5月22日)は、イギリスの政治家、貴族。

ヴィクトリア朝後期からエドワード朝初期の保守党政権下でアイルランド大法官英語版を3度にわたって務めた。

目次

経歴編集

1837年9月4日治安判事を務めたウィリアム・ギブソンとその妻ルイーザ・グラントの次男として生まれた[1][2]

ダブリン大学トリニティ・カレッジで学び、1861年にはアイルランドの法廷弁護士資格を取得。1872年にアイルランドの勅選弁護士英語版となる[2]

1875年から1885年にかけてダブリン大学選挙区英語版から選出されて保守党庶民院議員を務めた[1][2]1877年にダブリンのキングス・イン法学院の幹部員(Bencher)となる[1][2]

第二次ディズレーリ内閣期の1877年から1880年までアイルランド法務総裁英語版を務めた[1][2]

第一次ソールズベリー侯爵内閣期の1885年から1886年にかけてアイルランド大法官英語版に就任した[1][2]。就任に際しての1885年7月4日連合王国貴族爵位アシュボーン男爵に叙され[1][2]貴族院議員に列した[3]。また就任直前の1885年6月4日には枢密顧問官にも列している[1][2]

1880年代半ば以降の農業不況でアイルランドでは反地主運動が活発化していた[4]。第一次ソールズベリー侯爵内閣はアイルランド議会党の閣外協力の上に成り立っていたため、アイルランドへの融和策が必要であり、アイルランド大法官の座にあったアシュボーン卿の主導で「アシュボーン法」と呼ばれる土地購入法英語版が制定された。同法はアイルランド小作人に自作農への道が開くべく低利・長期で土地購入費を融資することを目的とする法案だった[5][6]

1886年から1892年にかけての第二次ソールズベリー侯爵内閣1895年から1905年にかけての第3次ソールズベリー侯爵内閣英語版バルフォア内閣でもアイルランド大法官を務めた[1][2]

1913年5月22日ロンドンで死去した。爵位は長男のウィリアム・ギブソン英語版が継承した[2]

栄典編集

爵位編集

1885年7月4日に以下の爵位を新規に叙された[1][2]

家族編集

1868年4月4日に法廷弁護士ヘンリー・コリーズの娘フランセス(1849-1926)と結婚した。彼女との間に4男4女を儲けた[1]

長男ウィリアム英語版(1868-1942)は第2代アシュボーン男爵位を継承した。三男エドワード(1873-1968)は3代以降のアシュボーン男爵の祖である。長女エリザベス(1871-1943)は陸軍中将の第5代ボルトン男爵英語版ウィリアム・オード=ポーレット英語版と結婚した。次女ヴァイオレット・ギブソン英語版(1876-1956)はムッソリーニ暗殺未遂犯として知られる[1]

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k Heraldic Media Limited. “Ashbourne, Baron (UK, 1885)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年3月17日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k Lundy, Darryl. “Edward Gibson, 1st Baron Ashbourne” (英語). thepeerage.com. 2016年3月17日閲覧。
  3. ^ UK Parliament. “Mr Edward Gibson” (英語). HANSARD 1803–2005. 2016年3月17日閲覧。
  4. ^ 高橋純一 1997, p. 75.
  5. ^ 村岡健次 & 木畑洋一 1991, p. 186-187.
  6. ^ 高橋純一 1997, p. 75-78.

参考文献編集

  • 高橋純一『アイルランド土地政策史』社会評論社、1997年。ISBN 978-4784508587
  • 村岡健次木畑洋一『イギリス史〈3〉近現代』山川出版社〈世界歴史大系〉、1991年。ISBN 978-4634460300

外部リンク編集