メインメニューを開く

エドワード・フィッツアラン=ハワード (第18代ノーフォーク公)

第18代ノーフォーク公爵エドワード・ウィリアム・フィッツアラン=ハワード英語: Edward William Fitzalan-Howard, 18th Duke of Norfolk, DL1956年12月2日 - )は、イギリス貴族政治家

第18代ノーフォーク公爵
エドワード・フィッツアラン=ハワード
Edward Fitzalan-Howard
18th Duke of Norfolk
18th Duke of Norfolk 1 Allan Warren.JPG
2013年のノーフォーク公
生年月日 (1956-12-02) 1956年12月2日(62歳)
出身校 オックスフォード大学リンカン・カレッジ英語版
所属政党 無所属英語版
称号 18代ノーフォーク公爵
配偶者 ジョージナ英語版
親族 17代ノーフォーク公爵マイルス(父)

在任期間 2002年6月24日 - 現職

イギリスの旗 貴族院議員
在任期間 2002年6月24日 - 現職[1]
テンプレートを表示

父が爵位を継承した1975年から自身が爵位を継承した2002年までアランデル伯爵(Earl of Arundel)の儀礼称号で称された。

経歴編集

 
1981年のアランデル伯爵(後の第18代ノーフォーク公)。ノーフォーク公爵家のヨークシャーの邸宅カールトン・タワーズ英語版の前で撮影。

1956年12月2日、後に第17代ノーフォーク公爵となるマイルス・フィッツアラン=ハワードとその妻アン・メアリー・テレサ英語版(旧姓コンスタブル・マックスウェル)の長男として生まれる[2]

ローマ・カトリック系のインデペンデント・スクールアンプルフォース・カレッジ英語版を経て、オックスフォード大学リンカン・カレッジ英語版へ進学した[3]

1989年にはパークウッド・グループ株式会社(Parkwood Group Ltd)の会長(Chairman)を務めた[2]

2002年6月24日、第18代ノーフォーク公爵位を継承した[2]イギリス貴族院1999年の貴族院改革で世襲貴族の議席が大幅に制限されていたが、軍務伯ノーフォーク公爵家世襲職)は議席を保ち続けることになり[4]、彼も爵位継承とともに貴族院議員に列した[1]。貴族院内では無所属英語版議員である[5]

ケンブリッジ大学セント・エドマンズ・カレッジ英語版の名誉フェローになっている[6]

栄典編集

爵位編集

2002年6月24日に父マイルス・フィッツアラン=ハワードの死去により以下の爵位を継承した[7][3][2]

家族編集

1987年にジョージナ・ゴア英語版と結婚し、彼女との間に以下の5子を儲けている[2]

  • 第1子(長男)ヘンリー・マイルス・フィッツアラン=ハワード英語版(1987年-) : ノーフォーク公爵位の法定推定相続人。儀礼称号でアランデル伯爵。レーサー
  • 第2子(長女)レイチェル・フィッツアラン=ハワード(1989年-) : 儀礼称号で嬢(Lady)
  • 第3子(次男)トマス・フィッツアラン=ハワード(1992年-) : 儀礼称号で卿(Lord)
  • 第4子(次女)イザベル・フィッツアラン=ハワード(1994年-) : 儀礼称号で嬢
  • 第5子(三男)フィリップ・フィッツアラン=ハワード(1996年-) : 儀礼称号で卿

2011年4月には妻ジョージナと別居状態になったとマスコミに報じられた[8][9]

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b UK Parliament. “Mr Edward Fitzalan-Howard” (英語). HANSARD 1803–2005. 2014年5月28日閲覧。
  2. ^ a b c d e Lundy, Darryl. “Edward William Fitzalan-Howard, 18th Duke of Norfolk” (英語). thepeerage.com. 2014年5月28日閲覧。
  3. ^ a b "Dod's Parliamentary Companion"(2004) p.666
  4. ^ 田中(2009) p.241
  5. ^ Duke of Norfolk”. www.parliament.uk. 2014年5月28日閲覧。
  6. ^ St Edmund's College - University of Cambridge” (英語). www.st-edmunds.cam.ac.uk. 2018年9月10日閲覧。
  7. ^ Heraldic Media Limited. “Norfolk, Duke of (E, 1483)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年11月3日閲覧。
  8. ^ “Duke of Norfolk and wife to begin trial separation” (英語). タイムズ. (2011年4月15日). http://www.thetimes.co.uk/tto/news/uk/article2987128.ece 2014年12月7日閲覧。 
  9. ^ “Duke and his wife to separate” (英語). デイリー・ミラー. (2011年4月13日). http://www.dailymail.co.uk/news/article-1376614/Duke-wife-separate.html 2014年12月7日閲覧。 

参考文献編集

  • 田中嘉彦英国ブレア政権下の貴族院改革 第二院の構成と機能』(PDF)一橋大学、2009年。
  • Dod's Parliamentary Companion. Vacher Dod Publishing, Limited. (2004). ISBN 978-0905702438. 

外部リンク編集