メインメニューを開く
1916年当時
Painting of Dazzle-ships in Drydock at Liverpool』ダズル迷彩の艦船(1919年)

エドワード・アレクサンダー・ワズワース(Edward Alexander Wadsworth, 1889年10月29日 - 1949年6月21日)は、イギリス画家

目次

略歴編集

ウェスト・ヨークシャーのクレックヒートン(Cleckheaton)で生まれた。エディンバラで学んだ後[1]、1906年からミュンヘンで工学を学び、余暇に画家、ハインリヒ・クニルの画塾で絵画を学んだ。イギリスに戻った後、ウェスト・ヨークシャーの工芸学校で学んだ後、ロンドンのスレード美術学校で学んだ。同じ時期の学生にはスタンリー・スペンサー、C.R.W. ネヴィンソン、マーク・ガートラー、ドーラ・キャリントン、デビッド・ボンバーグらがいた。

1912年にロンドンで開かれた、ロジャー・フライらによって開かれた第2回ポスト印象派展に出展したが、ヴォーティシズムを組織することになる画家、パーシー・ウインダム・ルイスと友人になり「未来派」の展覧会にも出展した。1913年にイタリアの未来派のオーガナイザー、フィリッポ・トンマーゾ・マリネッティと会合したが、イギリスの芸術家の多くは、高慢なこのイタリア人に幻滅したとされる[2] 。1914年7月までルイスらのグループに属していて、ヴォーティシズムの機関紙『BLAST』に掲載された設立宣言に署名した一人となった。設立宣言が公表された33日後には第一次世界大戦が始まり、ヴォーティシズムの展覧会の準備は続けられたが、メンバーが戦死したりした。

ワズワースもイギリス海軍の予備部隊に配属され、画家のノーマン・ウィルキンソンとともに、艦船の迷彩塗装「ダズル迷彩」の開発に従事し、1917年まで働き、200隻以上の軍用船の迷彩塗装を監督した[3]

1920年代、30年代には、シュルレアリスムに向かった。ワズワースのシュルレアリスム作品は、ピエール・ロワ風の、単純にものを組み合わせた風景の中に、奇妙な感興を滑り込ませるものである。ただ、フランスのシュルレアリスムとは異なり、海を舞台とする作品も多く、「海のシュルレアリスム」と呼ばれる作品がある。これは第一次大戦中に2,000以上の軍艦の迷彩を指導したこと関連があると思われる(詳細はダズル迷彩を参照)。

日本の書籍で見られるワズワースの作品編集

  • 沖合い(1935年、テンペラ、パネル、89cm x 64cm、ブリストル美術館)
    • 「海のシュルレアリスム」と呼べる作品
    • 世界の美術、アンドリュー・グレアム=ディクソン(総編集)、河出書房新社、2009年、451ページ(カラー図版)
  • 明朝(1929-44年、板にテンペラ、76.2cm x 64cm、個人蔵)
    • 「海(辺)のシュルレアリスム」と呼べる作品
    • 出典:20世紀の美術家500(原著はPhaidon社刊)、美術出版社、2000年、480ページ(カラー図版)

脚注編集

  1. ^ Distinguished old Fettesians Archived 22 November 2007 at the Wayback Machine.
  2. ^ Cooper, Philip. Cubism. London: Phaidon, 1995, p. 104. 0714832502
  3. ^ Vorticism”. Edward Wadsworth. Vorticism.co.uk. 2012年2月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年8月1日閲覧。

外部リンク編集