スレード美術学校

現在のスレード美術学校の建物、かつてはUCLの化学教室であった。

スレード美術学校(UCL Slade School of Fine Art:非公式に"The Slade"と呼ばれる)はロンドンにあるユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの人文学部に属する美術学校である。世界的に評価の高い美術学校の一つである。[1]

歴史編集

1868年に、法律家で考古学的遺物の収集家のフェリックス・スレード(1788-1868)の遺志で、オクスフォード大学、ケンブリッジ大学、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンに美術の教授職を設けるための資金が寄付されたのにはじまる。ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンでは美術学校が設立できるように、6人分の奨学資金も寄付され、1871年に美術学校は発足した。

初代の教授には、エドワード・ポインターがついた。スレード美術学校で教えた芸術家にはヘンリー・トンク、フィリップ・ウィルソン・スティーアルシアン・フロイドらがいる。

1897年から、最優秀の学生の作品には賞が与えられ、美術学校に展示されるようになり、毎年開催されるようになった Summer Composition Prize と the Figure and Head Painting Prizesの受賞作や、教師の作品とともに、美術館の収蔵作品のもとになっている。

関連した人物編集

教授を務めた人物や、卒業生には以下の人物がいる。

名前 生没年 出身の国 備考・出典
エドワード・ポインター 1836-1919 イギリス 1871-1875間、初代教授
アルフォンス・ルグロ 1837-1911 フランス 1876年から教授
ロバート・ハリス 1849-1919 カナダ
フレデリック・ブラウン 1851-1941 イギリス 1893-1918間、教授
トーマス・クーパー・ゴッチ 1854-1931 イギリス 1878年から学生
ウィリアム・ヨーク・マクレガー 1855-1923 イギリス
イーヴリン・ド・モーガン 1855-1919 イギリス
パーシー・ロバート・クラフト 1856-1934 イギリス
シドニー・スター 1857-1925 イギリス
ジョン・ピーター・ラッセル 1858-1930 オーストラリア
フィリップ・ウィルソン・スティーア 1860-1942 イギリス 1893-1930間、教師
ヘンリー・トンクス 1862-1937 イギリス 1918-1930間、教授
コンスタンツ・マルキエビッチ 1868-1927 アイルランド
G・K・チェスタトン 1874-1936 イギリス 作家
グウェン・ジョン 1876-1939 イギリス
ハロルド・ギルマン 1876-1919 イギリス
ウィリアム・オーペン 1878-1931 イギリス(アイルランド)
オーガスタス・ジョン 1878-1961 イギリス
アイリーン・グレイ 1878-1976 アイルランド
スペンサー・フレデリック・ゴア 1878-1914 イギリス
ヘレン・マクニコル 1879-1915 カナダ
ジェシカ・ディスモア 1885-1939 イギリス
バーナード・リーチ 1887-1979 イギリス
ポール・ナッシュ 1889-1946 イギリス
C.R.W. ネヴィンソン 1889-1946 イギリス
ジョージ・オールト 1891-1948 アメリカ合衆国
ベン・ニコルソン 1894-1984 イギリス
ウィニフレッド・ナイツ 1899-1947 イギリス
リチャード・ハミルトン 1922-2011 イギリス
ルシアン・フロイド 1922-2011 イギリス 1949-1954間、講師
アイリーン・エイガー 1899-1991 ブエノスアイレス生まれ
、ロンドン育ち
1925年から1926年まで在籍
ブライアン・ワイルドスミス 1930-2016 イギリス
ダグラス・ゴードン 1964- イギリス
マーティン・クリード 1968- イギリス

参考文献編集

  1. ^ McCall, Alastair (2008年9月19日). “Double first for Oxford”. The Times (London). オリジナルの2008年12月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081202222728/http://www.timesonline.co.uk/tol/life_and_style/education/sunday_times_university_guide/article4765366.ece 2012年8月14日閲覧。 

外部リンク編集