エヌモン・ゴーティエ

エヌモン・ゴーティエ(Ennemond Gaultier, 1575年頃-1651年12月17日)はフランスリュート奏者、作曲家。「老・ゴーティエ」(Gaultier le Vieux)あるいは「リヨンのゴーティエ」(Gaultier de Lyon)とも称される。17世紀フランスリュート楽派における巨匠の一人である。

エヌモン・ゴーティエ
出生名 Ennemond Gaultier
生誕 1575年
出身地 フランス王国 ドーファン
死没 1651年12月17日
フランス王国 ネーヴェ
ジャンル バロック音楽
職業 作曲家リュート奏者
担当楽器 リュート

ゴーティエは、はじめリヨンで職を得ていたが、1620年にマリー・ド・メディシスの従者となり、パリの宮廷リュート奏者となった。ルネ・メッサンジョーの弟子であったと見られる。1631年にネーヴェに隠居し、余生を過ごした。

作品編集

彼の従兄弟のドニ・ゴーティエが1669年に出版した曲集にはエヌモン・ゴーティエの作品も含まれている。しかしながら、それらの作者を判別することは困難である。作曲者として「ゴーティエ」の名が記された他の作品においても、これは同様である。二人のゴーティエの作品は、後世のリュート音楽に大きな影響を与えた

有名な作品としては、『メッサンジョーに捧げるトンボー』(Le tombeau de Mezangeau)(アルマンド)、『美しき殺し屋』 (La Belle Homicide)(クーラント)、『老ゴーティエのカナリー』(Les Canaries du Vieux Gaultier)が挙げられる。『メッサンジョーに捧げるトンボー』は、トンボーの最初期の例と考えられる[1]

出典編集

外部リンク編集