メインメニューを開く

エパクリス科(Epacridaceae)は双子葉植物の科。常緑低木で、オーストラリアを中心として東南アジア島嶼部、ニュージーランドポリネシア南米南部などの熱帯から温帯に分布し、31属400種ほどからなる。

エパクリス科
Epacris x0.jpg
Epacris
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : ビワモドキ亜綱 Dilleniidae
: ツツジ目 Ericales
: エパクリス科 Epacridaceae
学名
Epacridaceae
R.Br. (1810)

は小型で、らせん状または四方向に出る。は両性花でがくと花冠があり、多くは5数性、花冠は筒状で先が裂け、緑、白、赤、紫、青、黄色などに色づく。子房上位。果実は核果またはさく果で、種子は1個から多数のものまである。

APG植物分類体系ではツツジ科に含めている(スティフェリア亜科Stypheloideaeと呼ぶ)。花は比較的小型だが美しいので観賞用に栽培されるものも多い。

編集

  • Acrotriche
  • Andersonia
  • Archeria
  • Astroloma
  • Brachyloma
  • Choristemon
  • Coleanthera
  • Conostephium
  • Cosmelia
  • Cyathodes
  • Cyathopsis
  • Decatoca
  • Dracophyllum
  • Epacris
  • Lebetanthus
  • Leucopogon
  • Lissanthe
  • Lysinema
  • Melichrus
  • Monotoca
  • Needhamiella
  • Oligarrhena
  • Pentachondra
  • Prionotes
  • Richea
  • Rupicola
  • Sphenotoma
  • Sprengelia
  • Styphelia
  • Trochocarpa
  • Woolsia