エビデンス -全滅-

エビデンス -全滅-』(エビデンス -ぜんめつ-、原題:Evidence)は、2013年制作のアメリカ合衆国ホラー映画。『THE 4TH KIND フォース・カインド』のオラトゥンデ・オスンサンミ監督[3]。PG12指定。

エビデンス -全滅-
Evidence
監督 オラントゥンデ・オスンサンミ
脚本 ジョン・スウェットナム
製作 ジェフリー・ストット
アンソニー・ルーレン
ミシェル・リトヴァク
デヴィッド・ランカスター
マーク・プラット
アダム・シーゲル
ニック・マヴィンカーヴ
製作総指揮 ゲイリー・マイケル・ウォルターズ
ジェイク・ワグナー
出演者 スティーヴン・モイヤー
ラダ・ミッチェル
ケイトリン・ステイシー
トーレイ・デヴィート
音楽 アトリ・オーヴァーソン
撮影 ルーカス・エトリン
編集 ポール・カヴィントン
製作会社 ボールド・フィルムズ=
フィルムエンジン=
マーク・プラット・プロダクションズ
配給 日本の旗 東京テアトル
プレシディオ
公開 アメリカ合衆国の旗 2013年7月19日
日本の旗 2013年10月5日[1]
上映時間 94分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 世界の旗 $180,249[2]
テンプレートを表示

あらすじ編集

ラスベガスへ向かっていた長距離バスが郊外の砂漠地帯で事故に遭い立ち往生した末、乗客たちが何者かに惨殺される事件が発生した。奇跡的に2人の生存者が救出されるが、錯乱状態に陥っていた。地元警察の刑事ダニエルとバーケスは、現場から回収された被害者が撮影したと思われる映像を手がかりに犯人を特定しようとする。

リアンとレイチェルはそれぞれ女優と映画監督を志し、希望に満ち溢れていた2人はラスベガスへ向かうべく例の長距離バスに乗り込む。ところが、バスは道中の郊外の砂漠地帯で事故に遭い、立ち往生してしまう。途方に暮れるリアンとレイチェルら乗客たちと運転手は、鉄仮面をかぶり巨大バーナーを持った殺人鬼に襲われ、次々と惨殺されていく。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替。

脚注編集

外部リンク編集