エリザベート・シャルロット・ドルレアン

エリザベート・シャルロット・ドルレアン(Élisabeth Charlotte d'Orléans, 1676年9月13日 - 1744年12月23日)は、ロレーヌ公レオポルト(レオポール)の妃。

エリザベート・シャルロット・ドルレアン
Élisabeth Charlotte d'Orléans
ロレーヌ公
Gobert, workshop of - Élisabeth Charlotte d'Orléans - Versailles, MV3690.jpg
在位 1698年10月13日 - 1729年3月27日
別称号 バル公妃

出生 (1676-09-13) 1676年9月13日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国、サン・クルー城
死去 (1744-12-23) 1744年12月23日(68歳没)
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国コメルシー
埋葬 Flag of Lorraine.svg ロレーヌ公国ナンシー、サン・フランソワ・ド・コルディア教会
配偶者 ロレーヌ公レオポルト(レオポール)
子女 レオポール・クレマン
フランソワ・エティエンヌ神聖ローマ皇帝フランツ1世)
エリザベート・テレーズ
シャルル・アレクサンドル
アンヌ・シャルロット
家名 オルレアン家
父親 オルレアン公フィリップ1世
母親 エリザベート・シャルロット・ド・バヴィエール
宗教 カトリック教会
テンプレートを表示
エリザベート・シャルロット・ドルレアン

生涯編集

ルイ14世の弟オルレアン公フィリップ1世と、2度目の妃エリザベートの末子として、サン・クルー城で生まれた。1697年のレイスウェイク条約による和平の一環として、翌1698年にフォンテーヌブローでレオポルトとエリザベート・シャルロットは結婚した。2人は13子をもうけた(以下にフランス語名で記す)。

エリザベートは、ブリュイエール(現在のヴォージュ県)に病院を建設した。1729年に夫が亡くなると、ウィーンの宮廷にいるフランソワの代わりに摂政を務めた。のち、フランソワが皇帝位につくのと引き替えにロレーヌ公国を手放さなければならなくなると、息子を責めたという。彼女自身はロレーヌにとどまってコメルシー(現在のムーズ県)の領主となり、ダロウ城(ムルト=エ=モゼル県)に住んだ。