エリザベッタ・テレーザ・ディ・ロレーナ

エリザベッタ・テレーザ・ディ・ロレーナ(Elisabetta Teresa di Lorena, 1711年10月15日 - 1741年7月3日)は、サルデーニャカルロ・エマヌエーレ3世の3番目の妃。ロレーヌ公レオポルトと妃エリザベート・シャルロット・ドルレアンの娘で、フランス名はエリザベート・テレーズ・ド・ロレーヌ(Élisabeth Thérèse de Lorraine)、ドイツ名はエリーザベト・テレーゼ・フォン・ロートリンゲン(Elisabeth Therese von Lothringen)。兄にのちの神聖ローマ皇帝フランツ1世、弟にオーストリアの将軍やネーデルラント総督を務めたカール(シャルル)がいる。

エリザベッタ・テレーザ・ディ・ロレーナ
Elisabetta Teresa di Lorena
サルデーニャ王妃
Elisabetta Teresa di Lorena.jpg
在位 1737年 - 1741年

出生 (1711-10-15) 1711年10月15日
Flag of Lorraine.svg ロレーヌ公国リュネヴィル
死去 (1741-07-03) 1741年7月3日(29歳没)
Flag of Kingdom of Sardinia (1848).svg サルデーニャ王国トリノ
埋葬 Flag of Kingdom of Sardinia (1848).svg サルデーニャ王国トリノ、スペルガ聖堂
結婚 1737年4月1日
配偶者 サルデーニャカルロ・エマヌエーレ3世
子女 カルロ
ヴィットーリア
ベネデット
家名 ロレーヌ家
父親 ロレーヌ公レオポルト
母親 エリザベート・シャルロット・ドルレアン
テンプレートを表示

生涯編集

リュネヴィル城に生まれる。1737年、ともに母方の従兄妹であるカルロ・エマヌエーレ3世と結婚した。2人の間には2男1女が生まれた。

  • カルロ(1738年 - 1745年)
  • ヴィットーリア(1740年 - 1742年)
  • ベネデット(1741年 - 1808年) - シャブレー公

カルロ・エマヌエーレの最初の妃クリスティーナ・ルイージャ・ディ・バヴィエラ(1704年 - 1723年)、2番目の妃ポリッセナ・ダッシア=ローテンブルグ(1706年 - 1735年)のいずれも早世していたが、エリザベッタ・テレーザも末子ベネデットの出産後間もなく29歳で死去した。