エリン・トプザコフ

エリン・カリノフ・トプザコフブルガリア語: Елин Калинов Топузаков1977年2月5日 - )は、ブルガリアの元サッカー選手、現サッカー指導者。元ブルガリア代表。選手時代のポジションはDF

エリン・トプザコフ Football pictogram.svg
名前
本名 エリン・カリノフ・トプザコフ
愛称 トプチョ
ラテン文字 Elin Topuzakov
ブルガリア語 Елин Топузаков
基本情報
国籍  ブルガリア
生年月日 (1977-02-05) 1977年2月5日(44歳)
出身地 ディミトロヴグラト
身長 180cm
選手情報
ポジション DF(CB)
利き足 右足
ユース
1987-1994 ブルガリアの旗ブルガリアの旗 ディミトロヴグラト
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1995-2008 ブルガリアの旗 レフスキ・ソフィア 220 (19)
1999 ブルガリアの旗 ピリン(loan) 14 (2)
2008-2009 イスラエルの旗 ハポエル・テルアビブ 43 (1)
2009-2010 ブルガリアの旗 レフスキ・ソフィア 13 (0)
2010-2011 イスラエルの旗 ハポエル・ラマトガン 25 (2)
通算 321 (24)
代表歴2
2000-2008  ブルガリア 29 (0)
監督歴
2013-2014 ブルガリアの旗 レフスキ・ソフィア(アシスタント)
2014 ブルガリアの旗 レフスキ・ソフィア(代理)
2014-2016 ブルガリアの旗 レフスキ・ソフィア(アシスタント)
2016-2017 ブルガリアの旗 レフスキ・ソフィア
2017-2018 ブルガリアの旗 アルダ・クルジャリ
1. 国内リーグ戦に限る。2013年4月12日現在。
2. 2013年4月12日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

トプザコフの名前からトプチョ(ブルガリア語: Топчо、「球」の意)の愛称で呼ばれ[1]、スイーパーやセンターバックとして活躍した。

クラブ歴編集

ユース編集

地元ディミトロヴグラトのサッカークラブである、FCディミトロヴグラトの下部組織に1994年まで在籍、この頃はストライカーであった[2]

レフスキ・ソフィア編集

1995年にPFCレフスキ・ソフィアに加入し、ディフェンダーに転向。1999年にOFCピリン・ブラゴエヴグラトにレンタル移籍。復帰後の2000年から2002年にかけてクラブは三連覇を達成、この三連覇全てに立ち会った数少ない選手の一人となった[1]。2005年から2008年にかけてクラブの主将を務め、その間のUEFAカップ2005-06では準々決勝に進出した他、UEFAチャンピオンズリーグ 2006-07ではブルガリアのクラブ史上初めてグループステージに到達する快挙を成し遂げた。

ハポエル・テルアビブ編集

2008年1月3日にレフスキ・ソフィアとハポエル・テルアビブFCは彼とディミタル・テルキウスキをハポエル・テルアビブに移籍させる事で合意、同月7日に二人とも公式に契約、トプザコフは背番号5番を身に着ける事となった。同月12日に行われたハポエル・ケファル・サバFC戦でテルキウスキと共に初出場を飾り、サポーター年間最優秀選手にも二人揃って選出されたものの、2008-09シーズンが終わると自由契約の身となった。

レフスキ・ソフィアへの復帰編集

2009年7月5日にレフスキ・ソフィアに2年契約で復帰。背番号は11番が与えられ、この時に11番を背負っていたゲオルギ・フリストフは背番号を譲る形となった。

2009-10シーズン、レフスキ・ソフィアは国際試合から始まり、UEサン・ジュリアとのUEFAチャンピオンズリーグ 2009-102次予選がその初陣であった。彼の復帰戦は2009年7月21日に行われた、このサン・ジュリア戦で、アウェーゲームでありながら、0-5で粉砕、2戦合計で9-0の勝利で3次予選へと駒を進めた。3次予選ではFKバクー相手に2戦合計で2-0で勝利し、プレーオフへと駒を進めたが、デブレツェニVSCに4-1とされ敗北、UEFAヨーロッパリーグ 2009-10へと向かう事となった。このシーズン、国内では芳しくない試合も多かったが、最終的には3位でリーグを終え、UEFAヨーロッパリーグ 2010-11予選出場権を得た。

ハポエル・ラマト・ガン・ギヴァタイム編集

2010年8月10日にはテルキウスキと共に再びイスラエルの地へ向かい、ハポエル・ラマト・ガン・ギヴァタイムFCに加入、1シーズン在籍し引退した。

代表歴編集

2000年3月29日に行われたベラルーシ代表戦で代表初出場[3]

監督歴編集

2013年にレフスキ・ソフィアのアシスタントコーチに就任。2014年3月に、健康上の理由で辞任したアントニ・ズドラヴコフの代理として監督になった[4]。その後ホセ・ムルシアが監督に就任し再びアシスタントコーチとなったが、2016年10月に再び監督に就任した。

2017年6月16日にPSIグループがクラブ経営権を取得したFCアルダ・クルジャリの監督に就任する事が発表された[5]

プレースタイル編集

ユース時代にはストライカーであったが、レフスキ・ソフィアで選手となった後に右サイドバックにコンバートされ、その数ヶ月後には更にセンターバックにコンバートされた。その経験も含めて身に着けた多様なスキルによってレフスキ・ソフィアの守備に大きく貢献し、特にスライディングタックルで著名な選手であった。

個人編集

結婚しており、妻はモデルである[6]。また、スラヴィズ・ショーという同国のトーク番組にも出演した事がある。

タイトル編集

彼はブルガリアのエターナルダービーであるPFC CSKAソフィアとのダービーマッチにリーグ戦で23回出場している[7]。また、2012年7月19日にフリスト・ヨヴォフに抜かれるまでUEFA主催試合に最も多く出場したブルガリア人選手であった[8]

クラブ編集

レフスキ・ソフィア

個人編集

  • ハポエル・テルアビブサポーター年間最優秀選手賞: 2008

参考文献編集

  1. ^ a b “Състезателен профил на Елин Калинов Топузаков (Топчо)”. levskisofia.info. (2014年). http://levskisofia.info/player/elin-topuzakov/ 2015年1月14日閲覧。 
  2. ^ “Топузаков пише книга за кариерата си, aвтобиографията на бранителя ще излезе догодина”. topsport.bg. (2006年11月10日). http://topsport.ibox.bg/news/id_534330900 2013年11月22日閲覧。 
  3. ^ Elin Topuzakov”. trasfermarkt. 2017年10月30日閲覧。
  4. ^ “Топузаков няма да разчита на Ангел Славков, треньорът се върна при юношите”. topsport.bg. (2014年3月21日). http://topsport.ibox.bg/news/id_1229019842 2014年3月24日閲覧。 
  5. ^ Топузаков потвърди за треньорския пост в Арда Кърджали
  6. ^ “Топузаков ще става баща, запазват в тайна пола на бебето”. topsport.bg. (2013年10月10日). http://topsport.ibox.bg/news/id_1037667982 2013年10月20日閲覧。 
  7. ^ “Янчев влиза в Топ 10 на Вечното дерби, водач в класацията е Иван Колев (ЦСКА) с 27”. topsport.bg. (2013年10月19日). http://topsport.ibox.bg/material/id_715256350 2013年10月20日閲覧。 
  8. ^ Йовов стана играчът с най-много участия за български отбори в евротурнирите” (Bulgarian). stigabe.com. 2013年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年10月30日閲覧。

外部リンク編集