メインメニューを開く

エルシニア・エンテロコリティカ感染症

エルシニア・エンテロコリティカ感染症とは細菌感染を原因とする人獣共通感染症の一つ。

目次

原因編集

腸内細菌科エルシニア属に属するグラム陰性通性嫌気性桿菌であるYersinia enterocolitica感染を原因とする。本菌はほとんど全ての哺乳類鳥類に感染する。

疫学編集

本菌は1939年ヒトの腸炎患者から初めて分離された。ヒトに対して病原性を示す株はに高頻度に分布し、直接あるいは食品を介して経口感染を起こす。0-4℃の低温でも増殖可能である[1]ので冷蔵食品を汚染する恐れがある。

症状編集

潜伏期間は、半日から6日間程度[1]

診断編集

ウイダール反応に準じた凝集反応により抗体を検出する。CIN寒天培地で赤色コロニーを形成する。

治療編集

Y. enterocoliticaにはβ-ラクタマーゼ活性があるため、アンピシリンなどのペニシリン系・セフェム系抗生物質に対しては感受性が低い。 米国Center of Disease Control (CDE)はアミノグリコシド系テトラサイクリン系抗生物質、およびニューキノロン系ST合剤などの合成抗菌剤が有効であるとしている。

予防編集

食品の汚染防止。

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集