エルビラ・デ・カスティーリャ (シチリア王妃)

エルビラ・デ・カスティーリャスペイン語:Elvira de Castilla, 1100年ごろ - 1135年2月6日)は、シチリア王ルッジェーロ2世の最初の妃。

エルビラ・デ・カスティーリャ
Elvira de Castilla
シチリア王
Elvira Alfonsez.jpg
在位 1130年 - 1135年

出生 1100年ごろ
Flag of Castile.svg カスティーリャ王国トレド
死去 1135年2月6日
Coat of Arms of the House of Hauteville (according to Agostino Inveges).svg シチリア王国パレルモ
埋葬 Coat of Arms of the House of Hauteville (according to Agostino Inveges).svg シチリア王国パレルモ大聖堂
結婚 1117/8年
配偶者 シチリア王ルッジェーロ2世
子女 ルッジェーロ3世
タンクレーディ
アルフォンス
グリエルモ1世
アデラシア
エンリーコ
家名 ヒメノ家
父親 カスティーリャ王アルフォンソ6世
母親 サイーダ(イサベル)
テンプレートを表示

生涯編集

エルビラはレオンカスティーリャ王アルフォンソ6世の嫡出の娘である。母はアルフォンソの4番目の妃イザベルである。イザベルはアルフォンソとの結婚前に愛妾であったムスリムサイーダ英語版と同一人物であると考えられている[1]。エルビラはトレドの王宮で育ち、ラ・コンビベンシア英語版(諸宗教の共存)になじんでいたと思われ、それはシチリア王国も同様であった[2][3]

1117年または1118年に、エルビラはルッジェーロ2世と結婚し、ルッジェーロ2世は1130年にシチリア王となった[4]。シチリアにもかなりのムスリムがおり、この結婚にはルッジェーロがエルビラの父アルフォンソ6世の宗教政策を学ぶ目的があった[5]。エルビラが恐らくアル=アンダルスのムスリムの支配者たちの子孫であることは、シチリア王妃とイスラム世界の間の文化的つながりを示している。エリビラは夫の在位中にイスラム美術の発展に影響を与えた可能性もある[2]

王妃エルビラに関してはほとんど不明であり[1]、政治的あるいは宗教的に何らかの活動を行ったという記録は見られない。

1135年、エルビラとルッジェーロ2世は病にかかり、その病は深刻なもので感染性のものであった。ルッジェーロ2世は回復したが、エルビラは2月6日に死去した[3]。ルッジェーロ2世は妃の死に精神的に打ちのめされ、部屋にこもって近しい使用人以外には誰にも会おうとせず、最後にはルッジェーロ2世も死去したとの噂が広まった[6]。ルッジェーロ2世はエルビラの死後14年間独り身であったが、1149年に再婚した。結果的にエルビラの産んだ5人の息子のうちルッジェーロ2世の死後まで生存していたのは1人のみであった[3]

子女編集

脚注編集

  1. ^ a b Birk 2017, p. 104.
  2. ^ a b Birk 2017, p. 106.
  3. ^ a b c Houben 2002, p. 35-36.
  4. ^ Birk 2017, p. 103.
  5. ^ Birk 2017, p. 103-104.
  6. ^ Birk 2017, p. 105.

参考文献編集

  • Alio, Jacqueline (2018). Queens of Sicily 1061-1266. Trinacria, New York. ISBN 9781943639144 
  • Houben, Hubert (2002). Roger II of Sicily: A Ruler Between East and West. Cambridge University Press. ISBN 3319470426 
  • Birk, Joshua C. (2017). Norman Kings of Sicily and the Rise of the Anti-Islamic Critique: Baptized Sultans. Springer. ISBN 3319470426