シチリア王国
Regnum Siciliae
Regno di Sicilia
東ローマ帝国
:en:County of Sicily
1130年 - 1816年 両シチリア王国
ナポリ王国
シチリア王国の国旗 シチリア王国の国章
(国旗) (国章)
国の標語: Animus Tuus Dominus
シチリア王国の位置
初代ルッジェーロ2世が没した1154年のシチリア王国。王国は以後700年間実質的に変化なく存続した。
公用語 ラテン語シチリア語イタリア語
(口語 : アラビア語ギリシア語等)
首都 パレルモ
国王
1130年 - 1154年 ルッジェーロ2世
1197年 - 1250年フェデリーコ1世
1412年 - 1416年フェルディナンド1世
1516年 - 1556年カルロ2世
1759年 - 1816年フェルディナンド3世
人口
1800年1,700,000人
変遷
ルッジェーロ2世の王位獲得 1130年
シチリアの晩祷1282年
カスペの妥協1412年
カルロ5世の即位1735年
両シチリア王国が正式に成立1816年
通貨ピアストル
現在イタリアの旗 イタリア
マルタの旗 マルタ

シチリア王国(シチリアおうこく、: Regnum Siciliae, : Regno di Sicilia)は、中世から近世にかけて、シチリア島イタリア半島南部を支配した王国。現在は、その領域はほぼイタリア共和国領の一部となっている。

歴史編集

ノルマン・シチリア王国の成立編集

11世紀半ば、フランスノルマンディー地方から兄弟と共にイタリアにやってきたノルマン人の騎士ロベルト・イル・グイスカルド東ローマ帝国領だった南イタリア占領した。1071年、弟のルッジェーロ1世はシチリア全島を占領した。この功によりルッジェーロ1世はロベルトからシチリア伯位 (enを与えられた。

1130年、ルッジェーロ1世の息子でありルッジェーロ2世対立教皇地位であるアナクレトゥス2世から王位を得て、オートヴィル朝(俗に言うノルマン朝)シチリア王国が成立した。

1189年、シチリア王グリエルモ2世が後継者なく死去し、ローマ皇帝ハインリヒ6世妃である伯母コスタンツァと、伯父の庶子であるレッチェ伯タンクレーディが王位を争ったが、外国の支配を嫌う諸侯の支持を得てタンクレーディが王位についた。しかし1194年のタンクレーディの死後、幼少の息子グリエルモ3世が王位につくが、侵攻してきたハインリヒ6世にパレルモを制圧され、オートヴィル朝は終焉を迎えた。

ホーエンシュタウフェン朝編集

コスタンツァオートヴィル家のルッジェーロ2世の娘であったため、シチリア王位はホーエンシュタウフェン家のローマ皇帝ハインリヒ6世の手に渡ったが、1197年にハインリヒ6世は死去した。幼少のフェデリーコが王となり、コスタンツァは摂政となったが、彼女もまた翌年世を去った。

1220年、フェデリーコはローマ皇帝フリードリヒ2世(シチリア王としては1世)になったが、シチリア生まれのフェデリーコはローマ王というよりシチリア王であり、ノルマン朝の後継者であった。フェデリーコはイタリア半島の支配に乗り出したため、ローマ教皇と激しく対立し、何度も破門を受け、対立王を立てられた。

フェデリーコの死後、シチリア王国は息子たちが後を継いだが、フランスルイ9世の弟でアンジュー=シチリア家の祖となるアンジュー伯シャルルが教皇の要請を受けて征服した。

ナポリ王国の成立とイベリア系王朝の支配編集

シャルルはカルロ1世としてシチリア王位に就いたが、シチリアの民衆には不評で、1282年シチリアの晩祷事件が発生し、シャルルはシチリア島を脱出した。その後のシチリア晩祷戦争を経て、シチリア島はバルセロナ家アラゴンペドロ3世が獲得し、シチリア王国はシチリア島の領土と半島側のナポリ王国とに分裂した。ペドロ3世の息子たちの間でアラゴンとシチリアの王位は分割相続された。

1302年、分裂状態の2国にカルタベッロッタの和平が成立し、シチリア島側はトリナクリア王国を称するようになった。フェデリーコ2世はローマ教皇やナポリ王国によるシチリア併合の企てを阻止した。

1409年マルティーノ1世が後継者を残さずに没し、王位を継いだその父、アラゴン王マルティン1世1410年にやはり後継者を残さずに没した後、トラスタマラ家フェルナンド1世1412年カスペの妥協でアラゴンとシチリアの王に選ばれるが、フェルナンドはシチリアには総督を置いた。その孫フェルナンド2世の時代にアラゴンとカスティーリャが連合してスペイン王国が事実上成立するが、フェルナンド2世はシチリアに加えて、すでにトラスタマラ家の支流が支配していたナポリ王国も再征服した。

その後、ハプスブルク家がスペインを治めた時代まで通じて、シチリアはスペインの支配下に置かれた。

スペイン継承戦争後編集

スペイン・ハプスブルク家が断絶した後、ブルボン家フェリペ5世がスペイン王に即位するが、1702年スペイン継承戦争が始まり、シチリア島の領有も争われた。

1713年ユトレヒト条約でシチリア島はサヴォイア公ヴィットーリオ・アメデーオ2世の手に渡り、サヴォイア家がシチリア王位を得た。1718年、旧領回復を目指すスペインが、サルデーニャ島に次いでシチリアにも侵攻(四国同盟戦争)。戦後の1720年、ヴィットーリオ・アメデーオ2世はシチリア王国をオーストリア・ハプスブルク家カール6世に割譲した(この代償として、サヴォイア家はオーストリアからサルデーニャ島を割譲され、サルデーニャ王を称した)。ナポリとシチリアはまたもや同じ支配者が治めるところとなった。

ナポリ・シチリアのブルボン朝編集

ポーランド継承戦争の結果、1735年にフェリペ5世の息子パルマ公カルロがナポリ王カルロ7世およびシチリア王カルロ5世として即位した。カルロは1759年にスペイン王カルロス3世として即位する際、三男フェルディナンドにナポリとシチリアの王位を譲った。フェルディナンド3世は1799年、ナポリ王国をナポレオン勢力に奪われ、イギリスの庇護の元シチリアに避難した。ナポリはフランス勢力によってパルテノペア共和国となるが短命に終わりブルボン朝のナポリ王国に復帰。シチリアはウィリアム・ベンティンク卿の主導するイギリス軍の影響下のまま地中海における対ナポレオン基地となり、政治的にもイギリスの立憲君主制の影響を大きく受けた[1]。1806年から1814年までイギリスの占領下にあった[2]。この時期に議会は両院制を採用し、王国の封建制度の終焉を迎えた。

1815年にナポレオンが敗北し、フェルディナンド3世はシチリア王国の歴史とその後の改革をすべて廃止。1816年にナポリとシチリアの王位を統合し、ナポリを首都とする両シチリア王国を成立させ、両シチリア王フェルディナンド1世となった。シチリアの住民はこれまで数世紀以上にわたって王国を築いていた伝統を蹂躙されたことに反発し抵抗したが、1820年にナポリ軍とオーストリアの連合勢力に排除された。これ以来シチリアに王宮は置かれていない。1848年-1949年に再びシチリア革命が起きるが、メッシーナを5日間爆撃し「爆弾王」とあだ名が付けられた両シチリア王フェルディナンド2世によって排除された。シチリアの市民と指導者階級はナポリブルボン家に対し強い反発を抱いたことで、シチリアにおける圧政はより厳しいものとなっていった。

イタリア王国と統一編集

1860年4月、王家に対する新たな反乱が勃発。ピエモンテ出身の首相カブールの支援を受けたジュゼッペ・ガリバルディ赤シャツ隊千人隊)を指揮しジェノヴァからマルサラに5月上陸し、この反乱を支援した。ガリバルディはサルデーニャヴィットーリオ・エマヌエーレ2世の名のもとにシチリアでの実権を握ると宣言。カラタフィーミの戦いで赤シャツ隊はパレルモを確保した。両シチリア王国フランチェスコ2世が勢力を維持しようとするもガリバルディに実権を握られ、1860年6月25日にフランチェスコ2世は立憲君主制への転換をはかり、立憲政府を発足させ、このとき赤白緑の三色旗を国旗として受け入れた[3]。1860年10月21日にイタリア統一に関する国民投票が行なわれ、99%の賛成票で可決された。

経済編集

ノルマン朝のもと、他所からの移住者と領内の再定住者を使っての農業生産力の向上が進められた。また王国の主な収入としてはナポリアマルフィといった海港都市からの輸出品が挙げられる。主な輸出品は穀物であり、他には豆類、材木、オリーブ油、ベーコン、チーズ、皮革、獣皮、麻、服飾がある。12世紀末までには南部のメッシーナのこれら開港都市としての発展も見られる。

王国の主な取引先にはジェノヴァピサ、東ローマ帝国、エジプトファーティマ朝)が挙げられる。中でもジェノヴァとの様々な協約は国の商業力の保証と強化に役立った。しかし、アンジュー朝期に進展した封建制は逆に経済力の低下に繋がった。またアンジュー朝はフィレンツェの銀行員ら北イタリアの経済と金融に依存したため、これもまた国の経済を悪化させた。これら経済の失速とともに人口増加と都市化が進展した結果、農業力を発展させようというモチベーションは低減していくこととなった。

貨幣編集

 
メッシーナのアウグスターレ金貨の一例

シチリアでは、12世紀のノルマン王朝は913年からタリ金貨を基礎貨幣として使用してきた。1タリは金1グラム、16 13カラットの金であった。アラブディナール金貨も4タリの価値として、東ローマ帝国ソリドゥス金貨は6タリの価値であった[4]。シチリア王国では、1オンザ = 30タリまたは5フローリンであった。1タリ = 20グラナであった。1グラナ = 6デナリであった。1140年以降、ロメシナ銅貨の流通が停止され、フォラーロ銅貨が導入された。24フォラーロ = 1東ローマ帝国ミリアレンセであった。

1231年にチュニジア人を敗走させたあと、シチリア王でもあったフリードリヒ2世(フェデリコ2世)はアウグスターレ金貨を鋳造。21 12カラットで重さ5.28グラムであった[5]。1490年、シチリアではトリオンフォ金貨が鋳造された。ヴェネツィア共和国ドゥカートと同価で、1トリオンフォ = 11 12アクイーラであった。1アクイーラ = 20グラナの価値があり、交易には主にタリ金貨やピチューリが使用された[6]

参考文献編集

  • 高山博『中世シチリア王国』講談社〈講談社現代新書〉、1999年。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Danforth Prince (2007). Frommer's Sicily. Frommer's. p. 314. ISBN 978-0-470-10056-1 
  2. ^ W. H. Clements, "The Defences of Sicily, 1806-1815," Journal of the Society for Army Historical Research, Autumn 2009, Vol. 87 Issue 351, pp 256-272
  3. ^ Alfonso Scirocco (2007). Garibaldi: Citizen of the World. Princeton University Press. p. 279. ISBN 978-0-691-11540-5. https://archive.org/details/garibaldicitizen00scir/page/279 
  4. ^ Donald Matthew (1992). The Norman Kingdom of Sicily. Cambridge University Press. pp. 4–6, 71–74, 86–92, 285, 286, 304. ISBN 0-521-26911-3 
  5. ^ Peter L. Bernstein (2000). The power of gold: the history of an obsession. John Wiley and Sons. p. 90. ISBN 0-471-25210-7. https://archive.org/details/powerofgoldhisto00bern/page/90 
  6. ^ N. Zeldes (2003). The Former Jews of This Kingdom: Sicilian Converts After the Expulsion, 1492–1516. BRILL. pp. 5, 69, 296–97. ISBN 90-04-12898-0 

関連項目編集