エルヴィン・クラウゼン

エルヴィン・クラウゼンErwin Clausen1911年8月5日 - 1943年10月4日)はドイツ空軍軍人第二次世界大戦時、561回の出撃で132機を撃墜したエース・パイロットであり、その戦功から柏葉付騎士鉄十字章を授与された。

エルヴィン・クラウゼン
Erwin Clausen
生誕 1911年8月5日
Flag of the German Empire.svg ドイツ帝国
プロイセン王国の旗 プロイセン王国
ベルリン
シュテーグリッツ=ツェーレンドルフ区
シュテーグリッツ
死没 (1943-10-04) 1943年10月4日(32歳没)
北海
所属組織 War Ensign of Germany (1921-1933).svg ヴァイマル共和国軍海軍
Balkenkreuz.svgドイツ空軍
軍歴 1931年 - 1943年
最終階級 少佐
テンプレートを表示

目次

経歴編集

1911年8月5日ベルリンシュテーグリッツ=ツェーレンドルフ区シュテーグリッツで生まれた。父親は指物師であったため、軍に入る前は父親の会社で働いていた。

1931年ヴァイマル共和国軍海軍に入隊。海軍時代にヘッセン航海練習船ゴルヒ・フォックに乗り巡洋航海に出た。1935年、飛行訓練を受けるために伍長としてドイツ空軍に転属した[1][注釈 1]

第二次世界大戦編集

第二次世界大戦が勃発する前に軍曹に昇格した。1939年9月9日ポーランド侵攻に参加し、PWS-26練習機を撃墜して初戦果を記録した。フランスの戦いでも未確認ながら数機を撃墜した。

1941年2月1日、クラウゼン中尉はバルカン半島の戦いの支援するために第2教導航空団第I飛行隊第1飛行中隊の中隊長に任命された[注釈 2]。3機の撃墜を記録した後、クラウゼンの部隊は東部戦線に撤退した。クラウゼンはロシアで抜きんでた活躍を見せ、52機撃墜の功により、1942年5月22日騎士鉄十字章を授与された。6月27日第77戦闘航空団(JG 77)第II飛行隊第6飛行中隊の中隊長に任命された。

7月22日Il-2を撃墜しドイツ空軍で12人目となる総撃墜数100機を記録した[2]7月23日柏葉付騎士鉄十字章を授与された。1943年2月1日南部予備戦闘飛行隊(EJGr Süd)に転属した後、大尉に昇進した。6月20日第11戦闘航空団(JG 11)第I飛行隊の飛行隊長となった。この部隊は本土防空戦で任務を遂行した。10月4日B-24を撃墜したが、北海の上空でクラウゼンは搭乗するFw 190 A-5を撃墜され戦死した。享年32歳。死後名誉特進により少佐に昇進した。

生涯戦績は出撃回数561回、総撃墜数132機だった。その内訳は、ポーランドで1機、ユーゴズラビアで3機、西部戦線で14機、東部戦線で114機である[3]。また、彼の3人の兄弟も第二次世界大戦後中に戦死した[4]

叙勲編集

注釈編集

  1. ^ ドイツ空軍の飛行訓練はA / B飛行訓練と呼ばれるレベルA1、A2、B1、B2を通して進められた。A訓練には、曲技飛行術、ナビゲーション、長距離飛行、エンジン停止着陸に関する理論的および実践的な訓練が含まれていた。B訓練には、高高度の飛行、計器飛行、夜間着陸、難局での航空機の操縦に関する訓練が含まれていた。
  2. ^ ドイツ空軍の部隊の説明については第二次世界大戦中のドイツ空軍の編成を参照。
  3. ^ シャーザーによれば第77戦闘航空団第1飛行中隊のパイロットとして[8]

参照編集

脚注編集

  1. ^ Stockert 2012, p. 21.
  2. ^ Obermaier 1989, p. 243.
  3. ^ Spick 1996, p. 230.
  4. ^ Obermaier 1989, p. 51.
  5. ^ a b Thomas 1997, p. 100.
  6. ^ Patzwall & Scherzer 2001, p. 74.
  7. ^ Fellgiebel 2000, p. 154.
  8. ^ a b Scherzer 2007, p. 260.
  9. ^ Fellgiebel 2000, p. 60.

参考文献編集

  • Fellgiebel, Walther-Peer (2000) [1986] (German). Die Träger des Ritterkreuzes des Eisernen Kreuzes 1939–1945 — Die Inhaber der höchsten Auszeichnung des Zweiten Weltkrieges aller Wehrmachtteile [The Bearers of the Knight's Cross of the Iron Cross 1939–1945 — The Owners of the Highest Award of the Second World War of all Wehrmacht Branches]. Friedberg, Germany: Podzun-Pallas. ISBN 978-3-7909-0284-6. 
  • Obermaier, Ernst (1989) (German). Die Ritterkreuzträger der Luftwaffe Jagdflieger 1939 – 1945 [The Knight's Cross Bearers of the Luftwaffe Fighter Force 1939 – 1945]. Mainz, Germany: Verlag Dieter Hoffmann. ISBN 978-3-87341-065-7. 
  • Patzwall, Klaus D.; Scherzer, Veit (2001) (German). Das Deutsche Kreuz 1941 – 1945 Geschichte und Inhaber Band II [The German Cross 1941 – 1945 History and Recipients Volume 2]. Norderstedt, Germany: Verlag Klaus D. Patzwall. ISBN 978-3-931533-45-8. 
  • Scherzer, Veit (2007) (German). Die Ritterkreuzträger 1939–1945 Die Inhaber des Ritterkreuzes des Eisernen Kreuzes 1939 von Heer, Luftwaffe, Kriegsmarine, Waffen-SS, Volkssturm sowie mit Deutschland verbündeter Streitkräfte nach den Unterlagen des Bundesarchives [The Knight's Cross Bearers 1939–1945 The Holders of the Knight's Cross of the Iron Cross 1939 by Army, Air Force, Navy, Waffen-SS, Volkssturm and Allied Forces with Germany According to the Documents of the Federal Archives]. Jena, Germany: Scherzers Militaer-Verlag. ISBN 978-3-938845-17-2. 
  • Spick, Mike (1996). Luftwaffe Fighter Aces. New York: Ivy Books. ISBN 978-0-8041-1696-1. 
  • Stockert, Peter (2012) [1997] (German). Die Eichenlaubträger 1939–1945 Band 2 [The Oak Leaves Bearers 1939–1945 Volume 2] (4th ed.). Bad Friedrichshall, Germany: Friedrichshaller Rundblick. ISBN 978-3-9802222-9-7. 
  • Thomas, Franz (1997) (German). Die Eichenlaubträger 1939–1945 Band 1: A–K [The Oak Leaves Bearers 1939–1945 Volume 1: A–K]. Osnabrück, Germany: Biblio-Verlag. ISBN 978-3-7648-2299-6.