メインメニューを開く
アメリカ陸軍士官学校博物館に展示されているゲーリングの元帥杖の実物。
ベルリンにあるドイツ空軍博物館英語版に展示されているゲーリングの軍服の実物。

国家元帥(こっかげんすい)(ドイツ語: Reichsmarschallライヒ(「帝国」もしくは「王国」の意)の元帥))は、 第二次世界大戦中のナチス・ドイツ国防軍における最高位の階級である[1]

歴史編集

最初に'国家元帥'の階級が誕生したのは、12世紀より前、神聖ローマ帝国時代のことである。

その後は任官者はなく、ドイツ帝国時代と第一次世界大戦中に、ドイツ帝国陸軍英語版で国家元帥になった者はいなかった。

ナチス・ドイツ時代に復活して、1940年、ドイツ空軍最高指揮官であるヘルマン・ゲーリング元帥が唯一これに昇進した[2][3]。ゲーリングは7月19日の元帥任命式英語版において、その日元帥となる他の国防軍の将軍たちより上位であることを示し、ヒトラー総統の後継者であることを確立するために任命された。そのため、事実上の大元帥に相当する階級であると言える。

しかし、1945年4月末にヒトラーに指揮権を引き継ぐ許可を求める電報を送った直後、彼はゲーリングから全ての官位を剥奪し、海軍総司令官カール・デーニッツ海軍元帥を新たに後継者に指名した。この任命はヒトラーが自殺した日(1945年4月30日)より前に行われたが、マルティン・ボルマンヨーゼフ・ゲッベルスによる公示は1945年5月1日まで先延ばしにされた[要出典]

国家元帥旗編集

階級章編集

下位
元帥
  ナチスドイツ
(国防軍の階級)英語版
帝国元帥
上位
なし

脚注編集

  1. ^ Haskew 2011, p. 46.
  2. ^ ゲーリングは、他にも狩猟長官や四カ年計画全権責任者といったそうそうたる称号を有していた。
  3. ^ Haskew 2011, pp. 25, 46, 119.

参考文献編集

  • Haskew, Michael (2011). The Wehrmacht. Amber Books. ISBN 978-1-907446-95-5.