メインメニューを開く

エレナ・ムヒナЕлена Мухина, Elena Mukhina、1960年6月1日 - 2006年12月22日)は、ソビエト連邦の元女子体操競技選手。

エレナ・ムヒナ Gymnastics (artistic) pictogram.svg
Elena Mukhina.jpg
選手情報
フルネーム Елена Вячеславовна Мухина(Elena Vyacheslavovna Mukhina)
国籍 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
生年月日 1960年6月1日
生誕地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Russian Soviet Federative Socialist Republic.svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国モスクワ
没年月日 46歳没
死没地 ロシアの旗 ロシア
身長 153cm(1978年当時)[1]
体重 42kg(1978年当時)[1]
所属 CSKAモスクワ
引退 1980年
 
獲得メダル
世界体操競技選手権
1978 ストラスブール 個人総合
1978 ストラスブール 団体総合
1978 ストラスブール ゆか
1978 ストラスブール 段違い平行棒
1978 ストラスブール 平均台
テンプレートを表示

生涯編集

父とは離別、さらに5歳で母とは死別(火災による)し、祖母に育てられた。

1976年、ソ連国内のジュニア大会で優勝するが、同年の1976年モントリオールオリンピックの代表選考には間に合わなかった。

1977年、ソ連国内だけでなく、欧州選手権でも活躍。欧州選手権では、種目別で3つの金メダル、個人総合で銀メダルを獲得。翌1978年、初出場した世界選手権ストラスブール大会において個人総合優勝[2]。なお、表彰台はソ連勢が独占した。他にも団体総合・種目別ゆかでの2つの金メダル、種目別での2つの銀メダルを獲得した。低年齢化・アクロバット化が進んでいた当時の女子体操界では、やや遅咲きの18歳だった。

1980年には怪我も重なり、春のソ連選手権では9位にとどまった[2]。そのため練習に打ち込んだ結果、直前に負傷。同年7月8日、オリンピックのソビエト連邦選手団筋から、段違い平行棒の練習中に負傷し、1980年モスクワオリンピック出場が絶望になったと発表がされた[3]

当初、ソ連側はムヒナが五輪を欠場する旨のみ発表し詳細を伏せたため、一時は死亡説[4][5]が流れたり、事故の原因も様々な説が広がった。また、同年11月には、ムヒナが手術の結果「座ることができ手を動かす機能も回復しつつある」とし、今後もリハビリを続け歩行機能回復を目指すと発表した[6]

しかし実際には、1980年7月3日床運動トーマスw:Thomas salto)を練習中にあごから落下[7]脊髄損傷という重傷で、その結果、四肢に身体障害を負っていた。その後、トーマスは女子の禁止技となった。

彼女には、ソ連政府や国際オリンピック委員会(IOC)から勲章が与えられた。1984年に大学を卒業した。

2006年に死去。死因は公表されていない。モスクワトロエクロフスコエ墓地に埋葬されている。

脚注編集

  1. ^ a b 1978年10月30日 読売新聞「女王ムヒナ誕生 女子個人総合、ソ連メダル独占」
  2. ^ a b ウルトラC教総の悲運 練習で重傷、20歳のムヒナ選手
  3. ^ 体操のムヒナ負傷 五輪出場は絶望 朝日新聞 1980年7月10日朝刊17ページ
  4. ^ 1980年7月 読売新聞「モスクワ便り ムヒナ死亡説流れる」
  5. ^ 鉄の内情知る手だて 地元民も取材センター活用? 読売新聞 1980年8月1日朝刊18ページ
  6. ^ 1980年11月30日 朝日新聞「重傷の元女王 手の機能戻る」
  7. ^ 2006年12月24日 International Gymnast Magazine "Yelena Mukhina Dies"