エレノア・オブ・スコットランド

エレノア・オブ・スコットランド(英語:Eleanor of Scotland, 1433年 - 1480年11月20日)は、オーストリア大公ジークムントの最初の妃。翻訳家。また、一時期オーストリアの摂政もつとめた(1455年 - 1458年、1467年)。スコットランド王ジェームズ1世ジョウン・ボーフォートの娘である。

エレノア・オブ・スコットランド
Eleanor of Scotland
Eleanor stewart 1458 80 daugh hi.jpg

出生 1433年
スコットランド王国の旗 スコットランド王国ダンファームリン
死去 1480年11月20日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Tirol and Upper Austria.svg チロル伯領インスブルック
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Tirol and Upper Austria.svg チロル伯領、シュタムス修道院
配偶者 オーストリア大公ジークムント
子女 ヴォルフガング
家名 ステュアート家
父親 スコットランド王ジェームズ1世
母親 ジョウン・ボーフォート
宗教 キリスト教カトリック
テンプレートを表示
シュタムス修道院のジークムントとエレノアの像

生涯編集

エレノアはスコットランド王ジェームズ1世ジョウン・ボーフォートの間の6番目の子供である[1]。ジェームズ1世は文学の愛好家として知られ、娘のエレノアおよびマーガレットにも影響を与えた[1]

1445年以降、エレノアはフランスのシャルル7世の宮廷で暮らし始めた[2]1447年、エレノアはフランス王妃マリー・ダンジューに従い、ル・モン=サン=ミシェルに巡礼を行った[3]

1448年または1449年に、エレノアはオーストリア大公ジークムントと結婚した[1][2]

エレノアは1455年から1458年まで、および1467年に夫の摂政をつとめた[2]

ハインリヒ・シュタインヘーベル(Heinrich Steinhöwel)は、ボッカッチョの『名婦列伝』の翻訳をエレノアにささげている。

エレノアは読書を好み、数ヶ国語を理解することができ、『ポントゥスとシドニア』をフランス語からドイツ語に翻訳した[2]。元のフランス語版は1480年から1550年まで数版出版された[2]

エレノアは作品の翻訳に加え、女性の政治力を強めるために作品の改訂も行った[2]。効果的な助言ができる女性がいる宮廷のみが政治的安定性を保つことができるためであった[2]

この本は人気を博し、多数発行された[2]ゴータの図書館に収蔵されているドイツ語訳版には1465年の日付が記されている[3]

エレノアとエリーザベト・フォン・ナッサウ=ザールブリュッケン英語版は、散文小説をドイツ文学に導入したことで知られている[2]

エレノアは1480年11月20日インスブルックで息子ヴォルフガングを産んだ時に死去し、シュタムス修道院に埋葬された。

脚注編集

  1. ^ a b c Watanabe, Professor Morimichi (2013-07-28) (英語). Nicholas of Cusa – A Companion to his Life and his Times. Ashgate Publishing, Ltd.. ISBN 9781409482536. https://books.google.com/books?id=UAGiAgAAQBAJ&pg=PA104 
  2. ^ a b c d e f g h i Schaus, Margaret (2006-01-01) (英語). Women and Gender in Medieval Europe: An Encyclopedia. Taylor & Francis. ISBN 9780415969444. https://books.google.com/books?id=aDhOv6hgN2IC&pg=PA244 
  3. ^ a b (英語) Proceedings of the Society of Antiquaries of Scotland. Society. (1862-01-01). p. 95. https://archive.org/details/proceedingssoci05scotgoog