エレーナ・シュシュノワ

エレーナ・シュシュノワ: Елена Львовна Шушунова: Yelena Shushunova1969年5月23日 - 2018年8月16日[1]は、ソビエト連邦の女子体操競技選手である。

エレーナ・シュシュノワ Gymnastics (artistic) pictogram.svg
Yelena Shushunova 1987.jpg
Yelena Shushunova
国籍 ロシアの旗 ロシア
旧国籍 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
生年月日 (1969-04-23) 1969年4月23日
生誕地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Russian SFSR.svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国レニングラード
没年月日 (2018-08-16) 2018年8月16日(49歳没)
死没地 ロシアの旗 ロシアサンクトペテルブルク
獲得メダル
体操競技
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
オリンピック
1988 ソウル 団体総合
1988 ソウル 個人総合
1988 ソウル 平均台
1988 ソウル 段違い平行棒
テンプレートを表示

プロフィール編集

レニングラード(現在のサンクトペテルブルク)出身。

1984年ロサンゼルスオリンピック以降、1988年ソウルオリンピックまでソビエト連邦の女子体操チームの中心選手として活躍し、1985年世界体操選手権および、ソウルオリンピックで団体総合優勝に貢献した。個人総合においてもルーマニア勢と熾烈な優勝争いをつねに演じていた。中でもソウルオリンピックではダニエラ・シリバシュ(ルーマニア)と歴史に残る名勝負を演じた。

競技スタイルは従来のオルガ・コルブトナディア・コマネチなどのようなアクロバテックな演技とは一味違い、女性らしい動きを重視した演技構成が中心であった。

現役引退後はサンクトペテルブルクロシア)に在住し、国際審判員として各種大会の競技審判を行っていた。

2018年8月16日、サンクトペテルブルクに於いて肺炎の合併症などにより死去した[2]。49歳没。

主な成績編集

脚注編集

外部リンク編集