エンリケ・バティス

エンリケ・バティス・キャンベル(Enrique Bátiz Campbell, 1942年5月4日 - )は、メキシコの指揮者。

エンリケ・バティス
Enrique Bátiz (cropped).jpg
基本情報
生誕 (1942-05-04) 1942年5月4日
出身地 メキシコの旗 メキシコメキシコシティ
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者

経歴編集

メキシコシティ出身。音楽的神童の名声をほしいままにし、5歳でピアニストとして公開演奏を行なった。メキシコ国立交響楽団を1971年に設立、主任指揮者を務める。ヨーロッパでは、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団など、主にイギリスオーケストラと共演を続けてきた。録音数は100を超えている。

日本では、「爆演系」指揮者として評価されがちである。しかし、様式的な直感力に鋭く、リズム感や色彩感に恵まれ、とりわけ共演相手がヨーロッパのオーケストラの場合、むしろデリカシーに満ちた雄渾多感な表現力を発揮する。とりわけヨーロッパのロマン派音楽を得意としており、ビゼーの管弦楽曲集やチャイコフスキーの《悲愴交響曲》、ショスタコーヴィチの《交響曲第5番》などが知られている。

脚注編集