メインメニューを開く

オイオーノス古希: Οἰωνός, Oiōnos)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してオイオノスとも表記される。リキュムニオスの子で[1][2][3]、アルゲイオス、メラースと兄弟[4]

オイオーノスはヘーラクレースと親しかったとされる[3]。オイオーノスは少年のときヘーラクレースとともにラケダイモーンに行って見物した。しかしヒッポコオーン王の館のところに来たとき、中から番犬が走って来てオイオーノスを襲ったので、オイオーノスは石を投げて番犬を殺した。するとヒッポコオーンの子供たちがやって来て、オイオーノスは棍棒で殴り殺された。このためヘーラクレースは怒ってラケダイモーンを攻撃し、ヒッポコオーンの一族を滅ぼした[5][3]。ちなみにアポロドーロスではオイオーノスの名は述べられていない[6]。この戦いでヘーラクレースの兄弟のイーピクレースが戦死し[6][7]、ヘーラクレースはオイオーノスとイーピクレースの死を悲しんでカリュドーンに移住したともいわれる[8]

系図編集

 
 
 
 
アクリシオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダナエー
 
ゼウス
 
 
 
ケーペウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペロプス
 
 
 
ペルセウス
 
 
 
 
 
アンドロメダー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アステュダメイア
 
アルカイオス
 
 
 
 
 
 
 
 
ステネロス
 
ニーキッペー
 
メーストール
 
リューシディケー
 
ヘレイオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アナクソー
 
エーレクトリュオーン
 
ミデア
 
エウリュステウス
 
ポセイドーン
 
ヒッポトエー
 
オイバロス
 
 
 
ゴルゴポネー
 
 
 
ペリエーレース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アムピトリュオーン
 
 
 
アルクメーネー
 
ゼウス
 
リキュムニオス
 
 
 
 
 
タピオス
 
 
 
テュンダレオース
 
イーカリオス
 
アパレウス
 
レウキッポス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イーピクレース
 
アウトメドゥーサ
 
ヘーラクレース
 
デーイアネイラ
 
オイオーノス
 
 
 
プテレラーオス
 
 
 
 
 
 
 
 
ペーネロペー
 
リュンケウス
 
イーダース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イオラーオス
 
メガラー
 
ヒュロス
 
イオレー
 
 
 
 
 
コマイトー
 
カストール
 
ポリュデウケース
 
クリュタイムネーストラー
 
ヘレネー
 
 
 


脚注編集

  1. ^ ピンダロス『オリュンピア祝勝歌』第10歌65行-66行。
  2. ^ パウサニアス、3巻15・4。
  3. ^ a b c シケリアのディオドロス、4巻33・5。
  4. ^ アポロドーロス、2巻7・8。
  5. ^ パウサニアス、3巻15・4-15・5。
  6. ^ a b アポロドーロス、2巻7・3。
  7. ^ シケリアのディオドロス、4巻33・6。
  8. ^ シケリアのディオドロス、4巻34・1。

参考文献編集