オジブワ族(Ojibwa)は、アメリカ合衆国及びカナダ先住民族インディアン)の部族である。アメリカ合衆国ではチェロキー族、ナヴァホ族に次いで3番目、北米全体でもクリー族に次いで4番目に大きい人口を持つ。オジブウェー族オジブウェ族チペワ族(Chippewa)としても知られる。

5人のオジブワの首領(19世紀)

10万人ほどがアメリカ合衆国ミシガン州からウィスコンシン州ミネソタ州モンタナ州にかけての北部に居住し、約76,000人ほどがカナダオンタリオ州からブリティッシュコロンビア州に居住する。

「オジブワ」は、「皺を寄せたモカシン」というような意味である。彼らの履くモカシンは、甲の部分が別革を縫い合わせたタイプだった。 彼ら自身は『アニシナアベ族英語版』(Anishinaabe)と自称し、これは「野生の人々」という意味である。

歴史編集

他の北東部族と同様、白人入植者との軋轢で西方へと領土を移動する歴史の繰り返しだった。1730年代にはスペリオル湖畔に到達し、イロコイ族を東へ押し返し、ヒューロン湖エリー湖近辺を制圧した。スー族とはその後も長きに渡り敵対し、これを負かした唯一の部族となった。

文化編集

現在編集

遺伝子編集

オブジワ族はアメリカ先住民に広く高頻度のハプログループQ (Y染色体)は15.9%しか見られず、西ユーラシアで高頻度のハプログループR1が50.5%も見られる[1]。これはアメリカ先住民では最も高頻度である。西ユーラシアに見られるハプログループX (mtDNA)もみられることから、欧州方面からの移住民との混血[2][注 1]の可能性が想定される。

オジブワ族の著名人編集

関連項目編集

  • チペワ1901年に設立されたアメリカのブーツメーカー社。チペワ族(オジブワ族)が定住していたウィスコンシン州、チペワ・フォールズでブーツが最初に作られたため同部族名から名付けられた。
  • ストロベリームーン:6月の満月を指す名称。元々はオジブワ族の風習に由来する名称である。

脚注編集

  1. ^ Bolnick, Deborah A. et al 2006, Asymmetric Male and Female Genetic Histories among Native Americans from Eastern North America
  2. ^ バリー・フェル(著)、喜多迅鷹・元子(訳)『紀元前のアメリカ』(1981)草思社
  1. ^ バリー・フェルアルゴンキン族モンゴロイド(モンゴル族)とコーカソイド(ヨーロッパ人)の混血民族としており、西部ほどモンゴロイドの血が濃く、東部ほどコーカソイドの血が濃いという。その理由として紀元前にヨーロッパ方面から北アメリカに入植者があったとしている。アルゴンキアン族は、祖先が海を渡ってやってきたという伝承を持ち、ヨーロッパ地中海と共通する星座の概念を持つという。アルゴンキアン族のなかでも特に東部アルゴンキアン族は南ヨーロッパ地中海の人種に酷似しており、アルゴンキン諸語の特に東部の言語の語彙にはヨーロッパ起源のものが数多くみられるという。

外部リンク編集