オスキル貯水池ウクライナ語: Оскільське водосховище 、ロシア語: Оскольское водохранилище、OskolOskilske -と訳すこともある)は、ウクライナハルキウ州を流れるオスキル川に沿う人造湖。以前はチェルヴォニー=オスキル貯水池と呼ばれていた。

オスキル貯水池
Krasnooskolskoe vodoxranilishe.jpg
オスキル貯水池
所在地 ハルキウ州
位置 北緯49度17分34秒 東経37度34分16秒 / 北緯49.29278度 東経37.57111度 / 49.29278; 37.57111座標: 北緯49度17分34秒 東経37度34分16秒 / 北緯49.29278度 東経37.57111度 / 49.29278; 37.57111
流入河川 オスキル川
流出河川 オスキル川
流域国 ウクライナ
南北長 125 km (78 mi)
最大幅 4 km (2.5 mi)
面積 130 km2 (50 sq mi)
平均水深 4 m (13 ft)
貯水量 474 hm3 (384,000 acre⋅ft)
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

この貯水池は面積が130 k㎡、南北長が125km、最大幅が4km、平均水深が4m、貯水量が474 h㎥あり、1958年に造設された。洪水調整、電力供給、および漁業支援を目的としている。

2022年ロシアによるウクライナ侵攻の際には、オスキル川下流から洪水を引き起こし、ロシア軍のドンバス地方への進出を遅らせることができることとする戦略的拠点として重要視された[1]

脚注編集

  1. ^ Weaponising water — Ukraine's dams are targets in Putin's war” (2022年4月8日). 2022年4月28日閲覧。