オリーブ属(学名:Olea )は、常緑の高木、低木の約40種を含むモクセイ科の属のひとつである。

オリーブ属
Olive-tree-fruit-august-0
オリーブの実。リスボン、8月撮影
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : キク類 asterids
: シソ目 Lamiales
: モクセイ科 Oleaceae
: オリーブ連 Oleeae
: オリーブ属Olea
学名
Olea L.
タイプ種
Olea europaea L.
英名
olive

概要編集

地中海沿岸、アフリカ、オーストラリア、中央アジアなど、アメリカ大陸を除いて広く分布している。葉は全緑で対生し、切れ込みで4つに分かれた小さな白い花が咲く。また、果実は卵形、または球形で食用になる。

地中海沿岸と、似た気候の地域にだけ繁茂するオリーブ(英: Olive、学名:Olea europaea)は、栽培品種のみが知られており、500品種以上が世界で栽培されていると言われている[1]。耐霜性である。

主な種編集

  • Olea europaea L. オリーブ
    地中海が原産。成長の遅い常緑高木で、10メートル以上になる。皮針形の葉は長さ3 - 6センチ、幅1センチほどで、夏に白い5センチほどの花が咲く。果実は最長4センチほどの長卵形の石果で、緑色から熟すと黒紫色になっていく。
  • Olea capensis L.
  • Olea paniculata R.Br.
  • Olea woodiana Knobl.

脚注編集

  1. ^ 相賀徹夫『園芸植物大事典1』小学館、1988年7月、435-436頁。

参考文献編集

  • 英国王立園芸協会『A-Z園芸植物百科事典』誠文堂新光社、2003年6月。ISBN 978-4416403006