オルガ・ボズナンスカ

オルガ・ボズナンスカ(Olga Boznańska、1865年4月15日 - 1940年10月26日)はポーランドポスト印象派の画家である。ポーランドの文学、芸術運動、「若きポーランド」(Młoda Polska)に参加した芸術家の一人である。

オルガ・ボズナンスカ
Olga Boznańska
Olga Boznańska 1893 Autoportret 1893.jpg
自画像 (1893年)
生誕 1865年4月15日
ポーランドの旗 ポーランド, クラクフ
死没 1940年10月26日
フランスの旗 フランス, パリ

略歴編集

クラクフに鉄道技術者の娘に生まれた[1]。母親はフランス人であった[2]。妹のイザベラと母親から絵を学んだ後[3]、1878年に両親と妹とパリ万国博覧会を見物した。1883年からユゼフ・シェドレツキ(Józef Siedlecki)やカジミエシュ・ポフヴァルスキ(Kazimierz Pochwalski)から絵を学び、医師のアドリアン・バラニツキ(Adrian Baraniecki)がクラクフに創立した技術・商業博物館に設けられた女性のための絵画学校でアントニ・ピョトロフスキ(Antoni Piotrowski)らに学んだ[4][5]

1886年にミュンヘンに移り、クリヘルドルフ(Carl Kricheldorf)の画塾で学び、ドイツの画家、ヘートヴィヒ・ヴァイスと共同でスタジオを開いた。ヴィルヘルム・デュル(Wilhelm Dürr)にも1889年まで学んだ[6]。ミュンヘンの美術館、アルテ・ピナコテークで巨匠の作品を模写して修行し1889年に自分だけのスタジオに移った[7]。その後パウル・ナウエン(Paul Nauen)の指導も受け、1893年にナウエンの肖像画を描き、1894年にナウエンの肖像画をウィーンで開かれた国際展に出展し入選した。

当時のミュンヘンには、ポーランド出身の彫刻家のヴァツワフ・シマノフスキ(Waclaw Szymanowski)や画家のユゼフ・ブラント、アルフレッド・コワルスキーがいて彼らとも交流した。1895年にミュンヘンでテオドール・フンメルが開いていた美術学校を引き継いだ[8][9] 。ミュンヘンから、クラクフやベルリン、ウィーンなどを何度も訪れ、パリもしばしば訪れた。

1898年にパリに移り、モンパルナス地区にスタジオを借りた。ポーランドの美術家協会、「シュトゥカ(Sztuka)」に1898年に加入した。1901年にフランス国民美術協会の会員になった[10][11]。パリの私立の美術学校、グランド・ショミエール芸術学校アカデミー・コラロッシ、アカデミー・ヴィッティで教えた。

1912年にフランス政府からレジオンドヌール勲章(シュヴァリエ)を受勲し、1936年にポーランド文芸アカデミー(Polska Akademia Literatury)の金冠賞を受賞した。ポーランド復興勲章も受勲した。

パリで死去した。

作品編集

脚注編集

  1. ^ Wappen Nowina
  2. ^ Name Mutter
  3. ^ Zeichenunterricht von der Mutter
  4. ^ Nachweis (Memento vom 16. 10月 2014 im Internet Archive) Höhere Kurse für Frauen
  5. ^ Höhere Kurse für Frauen polnischer Wikipedia-Artikel
  6. ^ Studium 1886 bis 1889.
  7. ^ Eigenes Studio 1889
  8. ^ Leitung der Malschule von Theodor Hummel In: Dictionary of Women Artists. (englisch).
  9. ^ Jahresangabe der Übernahme (englisch).
  10. ^ Erwähnung des Künstlerinnenvereins in Die Kunst für alle von 1901, S. 436.
  11. ^ Eintrag des Künstlerinnenvereins im Jahrbuch der Bildenden Kunst von 1903, S. 267.

参考文献編集

  • Boznanska, Olga de. In: Anton Hirsch: Die bildenen Künstlerinnen der Neuzeit. Ferdinand Enke Verlag, Stuttgart 1905, S. 163, 213, 222
  • Konstanty Marian Górski: Boznańska, Olga. In: Ulrich Thieme, Felix Becker (Hrsg.): Allgemeines Lexikon der Bildenden Künstler von der Antike bis zur Gegenwart. Begründet von Ulrich Thieme und Felix Becker. Band 4: Bida–Brevoort. Wilhelm Engelmann, Leipzig 1910, S. 495.
  • Boznańska, Olga. In: Hans Vollmer (Hrsg.): Allgemeines Lexikon der bildenden Künstler des XX. Jahrhunderts. Band 1: A–D. E. A. Seemann, Leipzig 1953, S. 291.
  • Boznanska, Olga. In: Verein der Berliner Künstlerinnen e.V. (Hrsg.): Käthe, Paula und der ganze Rest: Künstlerinnenlexikon. Kupfergraben, Berlin 1992, ISBN 3-89181-411-9, S. 28.
  • Marta Koscielniak: Künstlerinnen und Migration. Olga von Boznańska und Otolia Gräfin Kraszewska im München des Fin de Siècle, Köln: Böhlau 2019, ISBN 978-3-412-51398-6.