メインメニューを開く

オーストラリア郵便公社(—ゆうびんこうしゃ、the Australian Postal Corporation) はオーストラリア連邦政府が完全保有し、オーストラリアでの郵便事業をほぼ独占する公社である。同公社はアジア太平洋地域で最も包括的な小包および物流サービスの提供者である。オーストラリア・ポスト、(Australia Post) は同公社の商号である。 [4]

Australia Post
企業形態 国有企業 (オーストラリア連邦政府所有)
前身 Postmaster-General's Department
設立 1809年4月25日 (1809-04-25)
本社 オーストラリアメルボルン
拠点数 4,429 metropolitan retail outlets[1]
2561 retail outlets in rural & remote areas[1]
事業地域 オーストラリア
主要人物 John Stanhope (Chairman of the Board)
Christine Holgate (CEO)
製品 郵便
売上高 増加 A$ 68億豪ドル (2017)[2]
営業利益 増加 A$ 4億豪ドル (2016)
増加 A$ 3600万豪ドル (2016)[3]
従業員数 32,732 (2013)[1]
ウェブサイト www.auspost.com.au
テンプレートを表示

規制事業と規制外事業編集

1989年のオーストラリア郵便公社法 (Australian Postal Corporation Act 1989) では、250グラム以下の信書便を取り扱う競争事業者はオーストラリア・ポストの4倍の料金を徴収しなければならない。 2005-06会計年度には、オーストラリア・ポストはその粗利益の90パーセント近くを規制外のサービスや物品の販売から得た。

略歴 編集

  • 1809年: 刑期満了者のアイザック・ニコルス (Issac Nichols) がオーストラリア最初の郵便局長になる。
  • 1891年: 連邦結成前の各州に相当する植民地が、万国郵便連合 (UPU) に加盟する。
  • 1901年: オーストラリア連邦の結成により、郵政庁 (the Postmaster General's Office) が設置される。電信・国内電話も取り扱った。
  • 1975年: 現業部門を取り扱うオーストラリア郵便委員会 (the Australian Postal Commission) が設置される。
  • 1989年: 公社化される。

脚注編集

外部リンク編集