メインメニューを開く

オーレリー・デュポン

フランスのバレエダンサー、バレエ指導者

オーレリー・デュポンAurélie Dupont ,1973年1月15日 - )は、フランスパリ出身のバレエダンサー。

略歴編集

体操を習っていて、体操教師にすすめられ、10歳でパリ・オペラ座付属バレエ学校に入学。1989年入団。1991年にコリフェ、1992年にスジェに昇進し、同年ヴァルナ国際バレエコンクールのジュニア部門で金メダルを受賞。1996年にプルミエール・ダンスーズに、1998年、ルドルフ・ヌレエフ演出『ドン・キホーテ』の舞台後、エトワールとなった。

2003年、キーロフ・バレエのゲストとして、『ロミオとジュリエット』をアンドリアン・ファデーエフとともに踊った。

マニュエル・ルグリとのパートナーシップが特に名高い。

2014年5月29日、フランスの日刊紙「フィガロ」はメートル・ド・バレエのクロチルド・ヴァイエ(元パリ・オペラ座プルミエール・ダンスーズ)の後任として、2015年5月引退予定のデュポンが就任することを報じた[1]が、デュポンはこれを辞退した。

2015年5月18日公演の『マノン』を最後の舞台として42歳で現役ダンサーを引退、芸術監督を辞任した振付家バンジャマン・ミルピエの後を受けて2016年2月4日にはパリ・オペラ座バレエ団芸術監督に就任した。

レパートリー編集

脚注編集

  1. ^ パリ・オペラ座バレエ団、バンジャマン・ミルピエ次期バレエ監督、新体制固めへ動く 2014.06. 2 その他ニュース- Dance Cube -チャコット webマガジン、2014年10月5日閲覧。