カイナンヘブライ語: קֵינָן, 現代ヘブライ語: Qeinan)は、旧約聖書の『創世記』にその名前が現れる人物。創世記5章9節から14節によると、カイナンはセトの孫で、父エノスが90歳のときに生まれ、自身が70歳のときに子マハラレルが生まれ、910歳で死んだとされる。ヨベル書によると、カイナンの母親はエノスの妹であるノエムである[1]

訳による表記の違い編集

日本語訳聖書では訳本によって表記が異なる。

ルカによる福音書での記述編集

文語訳聖書と口語訳聖書、新世界訳聖書ではルカによる福音書に述べられているイエス・キリストの系譜内にカイナンが2度登場する。一つは創世記5章9節同様に「エノスの子、マハラレルの父」として[2]。もう一つは「シェラの父、アルパクシャドの子」とされている[3]。しかし、創世記におけるセムの系図に関する記述では「アルパクシャドは35歳になってシェラを生んだ」とされており[4]カイナンは登場しない。

新共同訳聖書でのルカによる福音書では、「エノスの子」として「ケナン」が登場し、「アルパクシャドの子」として「カイナム」が登場している[5]。しかし、創世記におけるセムの系図の記述ではアルパクシャドは35歳になってシェラを生んだ」とあり、どちらも登場しない。

脚注編集

  1. ^ 『聖書外典偽典 4巻 旧約偽典 2』村岡崇光訳、教文館、1998年、35頁。ISBN 9784764219045
  2. ^ ルカによる福音書3章37節
  3. ^ 口語訳聖書 ルカによる福音書3章36節
  4. ^ 創世記11章12節
  5. ^ 新共同訳訳聖書 ルカによる福音書3章36節

関連項目編集