ノエム(Noam)は、セトアズラの娘で、エノスの妹。アダムイヴの孫娘にあたる。AM309年から315年頃[1]に、兄であるエノスと結婚し、彼との間にカイナンを産んだ。ヨベル書にその名前が記されている[2]

参考文献編集

  1. ^ Jacques van Ruiten (2000) (英語). Primaeval History Interpreted: The Rewriting of Genesis 1-11 in the Book of Jubilees. Brill. p. 129. ISBN 9789004116580 
  2. ^ 『聖書外典偽典 4巻 旧約偽典 2』村岡崇光訳、教文館、1998年、35頁。ISBN 9784764219045