プトレマイオス15世

カエサリオンから転送)

カエサリオンCaesarionΚαισαρίων)またはプトレマイオス15世Πτολεμαῖος ΙΕʹ Φιλοπάτωρ Φιλομήτωρ Καῖσαρ紀元前47年[1] - 紀元前30年8月23日[要出典])は、プトレマイオス朝最後のファラオ(在位:紀元前44年 - 紀元前30年)。

プトレマイオス15世
Πτολεμαῖος ΙΕʹ Φιλοπάτωρ Φιλομήτωρ Καῖσαρ
Caesarion.jpg
古代エジプトファラオ
統治期間 紀元前44年 - 紀元前30年プトレマイオス朝
前王 プトレマイオス14世
配偶者 クレオパトラ5世
ユリウス・カエサル?(実父はマルクス・アントニウス?)
クレオパトラ7世
出生 紀元前47年6月23日
死去 紀元前30年8月23日
テンプレートを表示
デンデラ神殿にあるクレオパトラ7世とカエサリオンのレリーフ

生涯編集

共和政ローマの将軍ユリウス・カエサルクレオパトラ7世の子。カエサリオンは「小カエサル」を意味する。異父弟妹にアレクサンドロス・ヘリオスクレオパトラ・セレネプトレマイオス・フィラデルフォスがいる。

母クレオパトラ7世とエジプトを共同統治していたプトレマイオス14世が紀元前44年に死去すると、プトレマイオス15世としてエジプトのファラオとなった。紀元前34年には諸王の王と称された。

カエサルの養子で後継者であるオクタウィアヌス(のちのアウグストゥス)との正統性に関する抗争の道具にされ、アクティウムの海戦ののちクレオパトラ7世はカエサリオンを国外に逃亡させようとした。しかし、紀元前30年のクレオパトラ7世の死後、教育係の裏切りによってオクタウィアヌスに捕らえられて殺害され、ここにプトレマイオス朝は滅亡した。

クレオパトラがマルクス・アントニウスともうけていたクレオパトラ・セレネなど、子供たち3人は、アントニウスの前妻である小オクタウィアに預けられ、ローマでオクタウィアヌスの親戚として厚遇された。カエサリオンはオクタウィアヌスと同じく「カエサルの後継者である」可能性を持つため殺害されたのだと見られる。

殺害されたことから少なくともオクタウィアヌスは、カエサリオンがカエサルの実子であると認識していたようである[2]

実父について編集

カエサリオンの実父について古代の記録は意見が分かれているが、実父は前述の通りカエサルである可能性が高く、現代の学者のほとんどがこの説を受け入れている[3]

出典編集

  1. ^ Gray-Fow, p. 44.
  2. ^ Gray-Fow, p. 64.
  3. ^ Gray-Fow, p. 43.

参考文献編集

関連項目編集