カオス・セオリー

カオス・セオリー』(Chaos Theory)は、2007年アメリカ合衆国コメディ映画。監督はマルコス・シーガ英語版、出演はライアン・レイノルズエミリー・モーティマーなど。1日の行動を全てリスト化するリスト・マニアの男が、あるスケジュールの狂いから予期せぬ事態に巻き込まれ、「カオス混沌)」に陥っていく姿を描いている[2]

カオス・セオリー
Chaos Theory
監督 マルコス・シーガ英語版
脚本 ダニエル・タプリッツ
製作 フレデリック・ゴルチャン
エリカ・ウェストハイマー
バーバラ・ケリー英語版(共同)
製作総指揮 フレッド・ウェストハイマー
出演者 ライアン・レイノルズ
エミリー・モーティマー
スチュアート・タウンゼント
音楽 ギラッド・ベナムラム
撮影 ラムジー・ニッケル
編集 ニコラス・エラスマス
製作会社 キャッスル・ロック・エンターテインメント
ローン・スター・フィルム・グループ
ランド・フィルムズ
ワーナー・インディペンデント・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザース
公開 ドイツの旗 2007年2月13日(ヨーロッパ・フィルム・マーケット)
アメリカ合衆国の旗 2008年3月14日[1]
上映時間 87分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $240,476[1]
世界の旗 $338,440[1]
テンプレートを表示

日本では劇場未公開だが、DVD2009年8月26日に発売された[3]

ストーリー編集

プロの能率専門家であるフランク(ライアン・レイノルズ)は、一日の行動を全てリスト化し、それを忠実に実行している几帳面な男。 ところが、フランクが時間管理に関するセミナーの講師を務める日の朝、妻のスーザン(エミリー・モーティマー)が時計を10分遅らせたことから、フランクは予想もしなかった事態に陥ってしまう。

キャスト編集

作品の評価編集

Rotten Tomatoesによれば、批評家の一致した見解は「ライアン・レイノルズとエミリー・モーティマーはやれることをやっているが、最終的に『カオス・セオリー』はありきたりすぎるドラマコメディになってしまっている。」であり、60件の評論のうち高評価は30%にあたる18件で、平均点は10点満点中5.1点となっている[4]Metacriticによれば、18件の評論のうち、高評価は4件、賛否混在は11件、低評価は3件で、平均点は100点満点中44点となっている[5]

出典編集

  1. ^ a b c Chaos Theory” (英語). Box Office Mojo. 2021年11月30日閲覧。
  2. ^ カオス・セオリー - allcinema
  3. ^ カオス・セオリー [DVD]”. amazon.co.jp. 2021年11月30日閲覧。
  4. ^ Chaos Theory” (英語). Rotten Tomatoes. 2021年11月30日閲覧。
  5. ^ "Chaos Theory" (英語). Metacritic. 2021年11月30日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集