2007年の映画(2007ねんのえいが)では、2007年(平成19年)の映画分野の動向についてまとめる。

2007年の映画シーンを概観してみると、『シュレック3』、『ボーン・アルティメイタム』、『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』、『スパイダーマン3』、『オーシャンズ13』、『バイオハザードIII』、『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』など人気シリーズの3作目の公開が目立った。

目次

できごと編集

日本の映画興行編集

  • 入場料金(大人)
    • 1,800円[1] - 一般入場料金は16年間据え置かれている[2]
    • 1,800円(統計局『小売物価統計調査(動向編) 調査結果』[3] 銘柄符号 9341「映画観覧料」)[4]
  • 入場者数 1億6319万人[5]
  • 興行収入 1984億4300万円[5]
配給会社別年間興行収入
配給会社 番組数 年間興行収入 前年対比 備考
松竹 38 156億7092万円 115.5%
東宝 25 595億1067万円 101.2% 東宝年間興行収入の新記録
東映 17 085億2444万円 064.0%
出典:「2007年 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2008年平成20年)2月下旬号、キネマ旬報社2008年、 164 - 165頁。

各国ランキング編集

日本興行収入ランキング編集

2007年日本興行収入トップ10
順位 題名 製作国 配給 興行収入
1. パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド   ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ ¥10,900,000,000
2. ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団    ワーナー・ブラザース ¥9,400,000,000
3. HERO   東宝 ¥8,150,000,000
4. スパイダーマン3   SPE ¥7,120,000,000
5. 硫黄島からの手紙   ワーナー・ブラザース ¥5,100,000,000
6. 劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ディアルガVSパルキアVSダークライ   東宝 ¥5,020,000,000
7. ALWAYS 続・三丁目の夕日   東宝 ¥4,560,000,000
8. 西遊記   東宝 ¥4,370,000,000
9. 武士の一分   松竹 ¥4,110,000,000
10. トランスフォーマー   UIP ¥4,010,000,000
出典:2007年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟

全世界興行収入ランキング編集

2007年全世界興行収入トップ10
順位 題名 スタジオ 全世界
1 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド ディズニー $963,420,425
2 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 ワーナー・ブラザース $939,885,929
3 スパイダーマン3 ソニー $890,871,626
4 シュレック3 ドリームワークス $798,958,162
5 トランスフォーマー パラマウント $709,709,780
6 レミーのおいしいレストラン ディズニー/ピクサー $623,722,818
7 アイ・アム・レジェンド ワーナー・ブラザース $585,349,010
8 ザ・シンプソンズ MOVIE FOX $527,071,022
9 ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記 ディズニー $457,364,600
10 300 〈スリーハンドレッド〉 ワーナー・ブラザース $456,068,181
出典:2007 Worldwide Box Office Results”. Box Office Mojo. 2015年12月10日閲覧。

北米興行収入ランキング編集

2007年北米興行収入トップ10
順位 題名 スタジオ 北米
1 スパイダーマン3 ソニー $336,530,303
2 シュレック3 ドリームワークス $322,719,944
3 トランスフォーマー パラマウント $319,246,193
4 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド ディズニー $309,420,425
5 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 ワーナー・ブラザース $292,004,738
6 アイ・アム・レジェンド ワーナー・ブラザース $256,393,010
7 ボーン・アルティメイタム ユニバーサル映画 $227,471,070
8 ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記 ディズニー $219,964,115
9 アルビン/歌うシマリス3兄弟 FOX $217,326,974
10 300 〈スリーハンドレッド〉 ワーナー・ブラザース $210,614,939
出典:2007 Domestic Yearly Box Office Results”. Box Office Mojo. 2015年12月10日閲覧。

イギリス興行収入ランキング編集

  1. ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  2. パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド
  3. ザ・シンプソンズ MOVIE
  4. シュレック3
  5. スパイダーマン3
  6. ライラの冒険 黄金の羅針盤
  7. アイ・アム・レジェンド
  8. レミーのおいしいレストラン
  9. ボーン・アルティメイタム
  10. トランスフォーマー
出典:2007 United Kingdom Yearly Box Office Results”. Box Office Mojo. 2015年12月10日閲覧。

オーストラリア興行収入ランキング編集

  1. ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
  2. パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド
  3. シュレック3
  4. ザ・シンプソンズ MOVIE
  5. トランスフォーマー
  6. スパイダーマン3
  7. ボーン・アルティメイタム
  8. ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式
  9. ヘアスプレー
  10. 団塊ボーイズ
出典:2007 Australia Yearly Box Office Results”. Box Office Mojo. 2015年12月11日閲覧。

日本公開作品編集

受賞編集

死去編集

日付 名前 国籍 年齢 職業
1月 1日 A・I・ベゼリデス英語版   98 脚本家[6]
8日 イヴォンヌ・デ・カーロ   84 女優[6]
イワオ・タカモト   81 監督[6]
10日 カルロ・ポンティ   94 映画プロデューサー[6]
曹達華(チョウ・ダーワー)   91 俳優[6][注 1]
19日 デニー・ドーハティ英語版   66 シンガーソングライター・俳優[6]
20日 谷口香   73 女優[6]
24日 クリスティーナ・フェルドマン   86 女優[7]
28日 許瑋倫(ベアトリーチェ・シュウ)   28 女優[6]
30日 シドニー・シェルダン   89 作家・脚本家[6]
2月 4日 バーバラ・マクネア英語版   72 女優[6]
6日 フランキー・レイン   93 歌手[6]
8日 アンナ・ニコル・スミス   39 女優[6]
9日 イアン・リチャードソン    72 俳優[6]
10日 チョン・ダビン   26 女優[6]
15日 レイ・エバンズ   92 作詞家[6]
19日 ジャネット・ブレア   85 女優[6]
22日 フォンス・ラデメーカーズ   86 監督[6]
ロータル=ギュンター・ブーフハイム   89 作家[6]
24日 ブルース・ベネット   100 俳優[6]
26日 高松英郎   77 俳優[6]
3月 8日 小林恭治   75 声優[6]
11日 ベティ・ハットン   86 女優[8][注 2]
14日 鈴木ヒロミツ   60 俳優[6]
15日 スチュアート・ローゼンバーグ   79 映画監督[6]
17日 船越英二   84 俳優[6]
フレディ・フランシス   89 撮影監督・映画監督[9]
26日 ミハイル・ウリヤーノフ   79 俳優[6]
27日 植木等   80 俳優[6]
日付不明 桂木洋子   76 女優[6]
4月 4日 ボブ・クラーク   65 映画監督[6]
5日 村上冬樹   95 俳優[6]
6日 ルイジ・コメンチーニ   90 監督[6]
7日 バリー・ネルソン   89 俳優[6]
11日 ロスコー・リー・ブラウン   81 俳優[6]
19日 ジャン=ピエール・カッセル   74 俳優[6]
27日 加藤善博   48 俳優[6]
30日 ゴードン・スコット英語版   79 俳優[6]
5月 6日 北村和夫   80 俳優[6]
池宮彰一郎   83 作家・脚本家[6]
11日 バーナード・ゴードン英語版   88 脚本家[6]
15日 ヨランダ・キング英語版   51 女優[6]
17日 塩沢とき   79 女優[6]
22日 アート・スティーヴンズ   92 アニメーター・映画監督[6]
23日 熊井啓   76 映画監督[6]
村越伊知郎   76 声優[6]
27日 坂井泉水   40 歌手[6]
30日 ジャン=クロード・ブリアリ   74 俳優[6]
6月 1日 石立鉄男   64 俳優[10]
2日 羽田健太郎   58 作曲家[10]
8日 観世栄夫   79 能楽師・俳優[10]
9日 センベーヌ・ウスマン   84 映画監督・作家[10]
ルドルフ・アルンハイム   102 美学者・映画評論家[10][注 3]
14日 アレックス・トムソン   78 撮影監督[11]
25日 谷幹一   74 俳優・コメディアン[10]
28日 中江真司   72 声優・ナレーター[10]
30日 エドワード・ヤン   59 監督[10]
ジョエル・シーゲル英語版   63 批評家[10]
7月 8日 ジェリー伊藤   79 俳優[10]
9日 チャールズ・レイン   102 俳優[10]
22日 ウルリッヒ・ミューエ   54 俳優[10]
ラズロ・コヴァックス   74 撮影監督[12][注 4]
23日 ジョージ・タボリ   93 作家・映画監督[10]
29日 ミシェル・セロー   79 俳優[10]
30日 イングマール・ベルイマン   89 監督[10]
ミケランジェロ・アントニオーニ   94 監督[10]
31日 斎藤良輔   96 脚本家[10]
8月 1日 阿久悠   70 作詞家[10]
3日 ジョン・ガードナー   80 作家[10]
6日 松村禎三   78 作曲家[10]
8日 メルヴィル・シェイヴェルソン英語版   90 脚本家[10]
9日 ウルリヒ・プレンツドルフ   72 小説家・脚本家[10]
12日 マーヴ・グリフィン   82 TV司会者・歌手[10]
坪島孝   79 映画監督[10]
14日 山口小夜子   57 モデル・女優[10]
19日 南風洋子   77 女優[10]
22日 山村謙一   86 映画評論家[10]
23日 西村寿行   76 作家[10]
28日 ナンシー梅木    78 女優[10]
9月 4日 佐藤真   49 映画監督[10]
10日 ジェーン・ワイマン   90 女優[10]
17日 犬塚稔   106 脚本家・映画監督[10]
21日 アリス・ゴーストリー英語版   81 女優[10]
22日 マルセル・マルソー   84 パントマイム役者[10]
24日 逢坂浩司   44 アニメーター[10]
28日 チャールズ・B・グリフィス英語版   77 脚本家[10]
29日 ロイス・マクスウェル   80 女優[10]
10月 2日 北村弘一   75 声優[10]
9日 打海文三   59 記録映画監督[10]
15日 山田真二   70 俳優・歌手[10]
16日 デボラ・カー   86 女優[10]
17日 ジョーイ・ビショップ英語版   89 俳優[10]
29日 谷口千吉   95 監督[10]
30日 ロバート・グーレ   73 俳優・歌手[10]
11月 4日 ピーター・ヴィアテル   86 作家・脚本家[10]
10日 ラレイン・デイ   87 女優[10]
ノーマン・メイラー   84 作家[10]
11日 デルバート・マン   87 監督[10]
草薙幸二郎   78 俳優[10]
12日 アイラ・レヴィン   78 作家[10]
13日 モンティ・ウエストモア英語版   84 メイクアップ・アーティスト[10]
14日 マイケル・ブロジェット   67 俳優・脚本家[13]
21日 フェルナンド・フェルナン・ゴメス   86 俳優・監督[10]
金子正且   89 映画プロデューサー[10]
22日 モーリス・ベジャール   80 振付師[10]
12月 2日 エレオノーラ・ロッシ・ドラゴ   82 女優[10]
11日 エドワード・ハンセン   82 プロデューサー[14]
フレディ・フィールズ英語版   84 プロデューサー[10]
13日 フロイド・ウェスターマン   94 俳優・ミュージシャン[要出典]
20日 田中和実   56 声優[10]
田中徳三   87 映画監督[10]
27日 イェジー・カヴァレロヴィチ   85 映画監督[10]
主な出典:「2007年 映画界物故人」、『キネマ旬報2008年平成20年)2月下旬号、キネマ旬報社2008年、 206 - 207頁。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ キネマ旬報では死亡日は1月13日となっている[6]
  2. ^ キネマ旬報では死亡日は3月12日となっている[6]
  3. ^ キネマ旬報では103歳となっている[10]
  4. ^ キネマ旬報では死亡日は7月21日となっている[10]

出典編集

  1. ^ 斉藤 2009, p. 135.
  2. ^ 「2007年 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2008年平成20年)2月下旬号、キネマ旬報社2008年、 166頁。
  3. ^ 小売物価統計調査(動向編) 調査結果”. 統計局. 2016年8月3日閲覧。
  4. ^ 主要品目の東京都区部小売価格:昭和25年(1950年)〜平成22年(2010年) (Excel)”. 統計局. 2016年8月3日閲覧。
  5. ^ a b 過去データ一覧”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2016年8月2日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au 映画界物故人 2008, p. 206.
  7. ^ Krystyna Feldman - Biography”. IMDb. 2017年6月12日閲覧。(英語)
  8. ^ ベティ・ハットン(Betty Hutton) のプロフィール”. allcinema. 2017年6月13日閲覧。
  9. ^ フレディ・フランシス(Freddie Francis) のプロフィール”. allcinema. 2017年6月14日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi 映画界物故人 2008, p. 207.
  11. ^ Alex Thomson - Biography”. IMDb. 2017年6月17日閲覧。(英語)
  12. ^ László Kovács - Biography”. IMDb. 2017年6月17日閲覧。(英語)
  13. ^ Michael Blodgett - Biography”. IMDb. 2017年6月18日閲覧。(英語)
  14. ^ Edward Hansen”. IMDb. 2017年6月19日閲覧。(英語)

参考文献編集

外部リンク編集