メインメニューを開く

カサデロ(Cerro Tipas, Cerro Cazadero, Cerro Walther Penck)は、アンデス山脈の大規模な複式火山であり、アルゼンチン北西部のカタマルカ州に位置する。世界最高峰の活火山オホス・デル・サラードの南西に位置する。

カサデロ
カサデロ
カサデロ
標高 6,660 m
所在地 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
位置 南緯27度12分 西経68度33分座標: 南緯27度12分 西経68度33分
山系 アンデス山脈
種類 成層火山
初登頂 1970年12月23日[1]
カサデロの位置(アルゼンチン内)
カサデロ
カサデロ
カサデロの位置(南アメリカ内)
カサデロ
カサデロ
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

カサデロは世界で3番目に高い活火山で溶岩円頂丘をもった成層火山である。標高は海抜6,660mである。

1970年12月14日、日本人隊員8人、チリ人隊員6人からなるアタカマ高地探検隊が当時アンデス山脈での未踏峰のうち、最も高いカサデロ峰を確認し、日本の竹下孝哉とチリ人隊員2名が初登頂に成功した[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b ナゾの"カサデロ峰"確認 日本・チリ合同隊登頂 読売新聞 1970年12月23日朝刊11ページ