カトリーヌ・アンリエット・ド・ブルボン

カトリーヌ・アンリエット・ド・ブルボンCatherine-Henriette de Bourbon, 1596年11月11日 ルーアン[1] - 1663年6月20日 パリ)は、ブルボン朝時代初期フランスの王室メンバー。アンリ4世王とその側妾ガブリエル・デストレの間の娘。

カトリーヌ・アンリエット・ド・ブルボン
Catherine-Henriette de Bourbon
Frosne after Vary - Catherine Henriette de Bourbon, Légitimée de France.jpg
「カトリーヌ・アンリエット、フランスの正統な王女、エルブフ公爵夫人、1659年、ジャン・フローヌフランス語版による銅版画

出生 (1596-11-11) 1596年11月11日
Bannière de France style 1500.svg フランス王国ルーアン[1]
死去 (1663-06-20) 1663年6月20日(66歳没)
Bannière de France style 1500.svg フランス王国パリ、オテル・デルブフ
配偶者 エルブフ公シャルル2世
子女 シャルル
アンリ
フランソワ・ルイ
フランソワ・マリー
カトリーヌ
マリー=マルグリット=イニャス
家名 ブルボン家
父親 フランス王アンリ4世
母親 ガブリエル・デストレ
テンプレートを表示

生涯編集

生後7日目の1596年11月17日ルーアンのサン=トゥアン修道院英語版で洗礼を受けた。式には英仏同盟の交渉に訪れていたイングランド女王エリザベス1世の特使も列席した。同日、父王の認知を受けて「フランスの準正された娘(Légitimée de France)」の身分を授かった。1598年に兄セザールに授与された公爵位に因み、「ヴァンドーム姫(Mademoiselle de Vendôme)」と呼ばれた。1599年の母に死に伴って兄弟と共に裕福な資産を相続した。

又従兄で第一血統親王のコンデ公アンリ2世との縁談が立ち消えになった後、1619年6月20日ルーヴル宮殿でエルブフ公シャルル2世と結婚[2]。ヴァンドーム公家が用意した花嫁持参金は終身年金を含めて130万リーヴルの巨額に上ったが、この金のほとんどが兄セザールとの民事訴訟[3]の費用を始めとする様々な用途に使われ、蕩尽されあるいは抵当入りした。

プランス・エトランジェ英語版だった夫の家格が自分より低かったこともあり、結婚後も王家の血筋を示す「フランスの正統な王女にして公爵夫人(Duchesse légitimée de France)」と名乗り、「C.H.L de France (Catherine-Henriette Légitimée de France)」と自署した。1663年パリのオテル・デルブフ(Hôtel d'Elboeuf)で死去した。

子女編集

夫との間に4男2女6人の子女をもうけた。

  • シャルル(1620年 - 1692年) - エルブフ公
  • アンリ(1622年 - 1648年) - オンブリエル修道院長
  • フランソワ・ルイ(1623年 - 1694年) - アルクール伯
  • フランソワ・マリー(1624年 - 1694年) - リルボンヌ公
  • カトリーヌ(1626年 - 1645年) - ポルト・ロワイヤル修道院の修道女
  • マリー=マルグリット=イニャス(1629年 - 1679年) - 「エルブフ姫(Mademoiselle d'Elboeuf)」

引用・脚注編集

  1. ^ a b Pitts 2009, p. 217.
  2. ^ Gerber 2012, p. 81.
  3. ^ Spangler 2009, p. 154.

参考文献編集

  • Gerber, Matthew (2012). Bastards: Politics, Family, and Law in Early Modern France. Oxford University Press 
  • Pitts, Vincent J. (2009). Henri IV of France: His Reign and Age. The Johns Hopkins University Press 
  • Spangler, Jonathan (2009). The Society of Princes; the Lorraine-Guise and the conservation of power and wealth in the Seventeenth Century. Ashgate