メインメニューを開く

カナダの勲章等は、カナダの栄典制度において国家または地域に多大な貢献をした者、あるいは賞賛されるべき行動をした者に、カナダ国王の名において授与される褒章である。イギリスの制度に範を採って1930年代に制定されたが、制度として確立したのは1967年にカナダ独立100周年を記念してカナダ勲章が制定された時である。その後、勲章の種類および範囲が広がり、王族章英語版身位章市民章英語版軍人章英語版や各種の従軍記章[要リンク修正]が設けられている。

カナダ各州政府には独自に州の勲章英語版を定めることが許されており、各州に顕著な功績があった住民に授与されている。

各州の勲章を受章した者は、国家の勲章を受章した者と同様に、ポスト・ノミナル・レターズの使用や各自の紋章サポーターなどを付加することが許される。

カナダにおいては、カナダ国王が唯一の「名誉の源泉英語版」 - カナダの栄典を権威付け、また新たな栄典を定め得る者 - とされており、カナダ国王またはカナダ王族により制定・授与が行われることになっている[1]。 実際には、カナダでは国王の地位は総督によって代行されており、総督が国王の名において制定・授与を行っている。このため、栄典の運用は総督公邸に設置されたChancellery of Honours(総督官房の一部門)が行っている。総督はまた、枢密院勅令を通じて勲章の序列英語版を定めている。

関連項目編集

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ Prince Edward gives medals to P.E.I. soldiers”. CTV (2007年10月14日). 2009年7月11日閲覧。

関連書籍編集

外部リンク編集