カナディアン・ベースボール・リーグ

カナディアン・ベースボール・リーグCanadian Baseball League)は、2003年に発足し、カナダで初めてのプロ野球リーグとなった独立リーグ

カナディアン・ベースボール・リーグ
競技プロ野球
開始年2003年
参加チーム8
カナダの旗 カナダ
最終年2003年

期待とは裏腹にリーグは同年7月限りで打ち切られている(後述)。

概説編集

隣国アメリカメジャーリーグに所属するチームはあるものの、カナダには野球のトップリーグはなく、多くのファンの「カナダにも野球リーグを」という声に後押しされる形で、2003年に結成された。

コミッショナーはメジャーリーグで活躍し、カナダ野球殿堂入りを果たしたファーガソン・ジェンキンスが務めた。

東西の2地区に4球団ずつが所属した。

シーズン途中での打ち切り編集

2003年5月21日に開幕したCBLだったが、オールスターの行われた7月23日で打ち切り、リーグは2ヶ月足らずで解散する事態となった。

観客動員数に苦しんだのがその理由で、特にトロアリヴィエールやナイアガラのフランチャイズは1試合平均200人を切る惨憺たる状況だったことに加えて、8つのチームうち最大の都市であるモントリオールで球場を確保できず、ロードチームとして戦うことを余儀なくされたのが観客数に苦しむ原因となった。

試合システム編集

  • 1チームに必ず5人以上カナダ人がいることが条件。
  • 5~9月の毎週木~日曜日に試合を開催し、オールスター戦を挟んだ前半戦・後半戦を戦い、年間チャンピオンを争う。

加盟チーム編集

チーム成績は2003年の成績。

地区 チーム 英名 成績 本拠地
西地区 カルガリー・アウトローズ Calgary Outlaws 24勝13敗  アルバータ州カルガリー
サスカトゥーン・レジェンズ Saskatoon Legends 22勝15敗  サスカチュワン州サスカトゥーン
ケロウナ・ヒート Kelowna Heat 18勝19敗  ブリティッシュコロンビア州ケロウナ
ヴィクトリア・キャピタルズ Victoria Capitals 13勝22敗  ブリティッシュコロンビア州ヴィクトリア
東地区 ロンドン・モナークス London Monarchs 20勝13敗  オンタリオ州ロンドン
ナイアガラ・スターズ Niagara Stars 15勝15敗  オンタリオ州ウェランド
トロワリヴィエール・セインツ Trois-Rivières Saints 14勝17敗  ケベック州トロワリヴィエール
モントリオール・ロイヤルズ Montreal Royales 10勝22敗  ケベック州モントリオール

日本人選手編集

2002年10月に行われたトライアウトに合格し、CBLのチームでプレイした日本人も数多くいる。

投手
  • 柴田一郎(ロンドン・モナークス、リーグ打ち切り時で10セーブポイント)
  • 部坂俊之(ヴィクトリア・キャピタルズ)[1]
  • 真木将樹(カウガリー・アウトローズ、リーグ打ち切り時で4勝)
  • 島内博史(トロワリヴィエール・セインツ)
内野手
  • 奥田大(ケロウナ・ヒート)
  • 佐々木慎一(ロンドン・モナークス)
  • 三好貴士(ロンドン・モナークス)
外野手
  • 根鈴雄次(ロンドン・モナークス、リーグ打ち切り時で打率.397でリーグ3位)
  • 清水広貴(サスカトゥーン・レジェンズ)

脚注編集

[脚注の使い方]