カラウィーイーン大学アラビア語: جامعة القرويين‎; ベルベル語:ⵜⵉⵎⵣⴳⵉⴷⴰ ⵏ ⵍⵇⴰⵕⴰⵡⵉⵢⵢⵉⵏ、フランス語: Université Al Quaraouiyine、英語:University of al-Qarawiyyin、Qarawiyin Mosque、Quaraouiyine、カラウィン大学もしくはカラウィンモスクとも呼ばれる)は、モロッコフェズにある大学である。

カラウィーイーン大学
Jāmi`at al-Qarawīīn
(جامعة القرويين‎)
Université Al Quaraouiyine
Var 132.jpg
カラウィーイーンモスク・大学の中庭。アルハンブラ宮殿との類似性に注意
種別 マドラサであり非実業的学問の修得の中心地(859年から1963年まで)
1963年より国立大学[1][2][3]
設立年 859[4]
提携関係 イスラム
所在地 イドリス朝
フェズ
キャンパス 都市型
公式サイト http://uaq.ma/
テンプレートを表示

ユネスコギネス世界記録によれば、この大学は、世界に現存する最古の継続的に活動している教育機関であり、初の学位授与を行った教育機関であり、時に世界最古の大学として言及される[5][6]

カラウィーイーンモスク宗教学校/大学は、附属学校、またはマドラサと共にファティマ・アル・フィフリにより859年に創設され、その後、歴史的イスラム圏の主要な宗教的かつ教育的な中心地の1つとなった。1963年に、モロッコの近代国立大学システムに編入された。

教育編集

イスラーム神学と法学に集中しており、古典アラビア語文法と言語学、マーリキー学派イスラーム法を非常に重視している。しかしながら、フランス語英語ITのような非イスラーム的科目も少数だがある。

教育は伝統的手法で行われている。学生がシャイフを半円状に囲むように座り、シャイフは学生にテキストの一部を読むよう促し、その部分の文法や、法、または解釈など特定の点に関して質問をする。そして難解な点を解説する。

モロッコ中からとイスラム圏西アフリカからの学生が通っており、少数だが故郷から遠く離れてイスラム圏中央アジアから来る学生もいるかもしれない。スペイン人改宗者すら頻繁に来ている。それは主に同大学のシャイフたち、そしてモロッコのイスラーム学者一般は、アルアンダルスのイスラームの豊かな宗教的学問的遺産の継承者であるという事実に惹かれてのことである。

ほとんどの学生は13~30歳の間である。そして高校卒業相当証書と大学相当学士号を目指して勉強している。ただし、十分に高いレベルのアラビア語を使える男性イスラム教徒は、非公式的な学究サロンに参加することもできる。それは伝統的な分類でいう、「(宗教的・法的)知を求める訪問者」に与えられるものだ。イスラム教徒であり男性であることに加え、入学予定者は、クルアーンを暗記していることが求められる。また同様にいくつかの短い、文法とマーリキー派法に関する中世イスラームのテキストの暗記と、一般に古典アラビア語を非常に良く使いこなせることが求められる。

建物編集

連続する数々の王朝が、カラウィーイーンモスクがアフリカ最大の2万2千人の礼拝者を収用できるまでに拡張してきた。イスタンブールハギア・ソフィアエスファハーンジャーメ・モスクに比べれば、デザインは質素である。柱とアーチは白無地であり、床は豪華な絨毯ではなく、葦のマットで覆われている。しかしながら、あたかも無限に続く森のように見えるアーチの連なりは、無限の威厳とくつろぎのおける匿名的空間という感覚を産む。他方、デザインの簡素さは、精巧に飾られたミフラーブミンバル、そして中庭を、その素晴らしいタイルと石膏細工、木彫りと彩色を引き立てている。

モスクの現在の形は、千年以上に渡る長い歴史的な進化の結果である。元々は、モスクは中庭を囲む、一辺30メートルの4つの回廊からなっていた。最初の拡張は、956年後ウマイヤ朝アブドッラフマーン3世により行われた。

参考文献及び注編集

  1. ^ Lulat, Y. G.-M.: A History Of African Higher Education From Antiquity To The Present: A Critical Synthesis Studies in Higher Education, Greenwood Publishing Group, 2005, ISBN 978-0-313-32061-3, p. 70:
    As for the nature of its curriculum, it was typical of other major madrasahs such as al-Azhar and Al Quaraouiyine, though many of the texts used at the institution came from Muslim Spain...Al Quaraouiyine began its life as a small mosque constructed in 859 C.E. by means of an endowment bequeathed by a wealthy woman of much piety, Fatima bint Muhammed al-Fahri.
  2. ^ Park, Thomas K.; Boum, Aomar: Historical Dictionary of Morocco, 2nd ed., Scarecrow Press, 2006, ISBN 978-0-8108-5341-6, p. 348
    al-qarawiyin is the oldest university in Morocco. It was founded as a mosque in Fès in the middle of the ninth century. It has been a destination for students and scholars of Islamic sciences and Arabic studies throughout the history of Morocco. There were also other religious schools like the madras of ibn yusuf and other schools in the sus. This system of basic education called al-ta'lim al-aSil was funded by the sultans of Morocco and many famous traditional families. After independence, al-qarawiyin maintained its reputation, but it seemed important to transform it into a university that would prepare graduates for a modern country while maintaining an emphasis on Islamic studies. Hence, al-qarawiyin university was founded in February 1963 and, while the dean's residence was kept in Fès, the new university initially had four colleges located in major regions of the country known for their religious influences and madrasas. These colleges were kuliyat al-shari's in Fès, kuliyat uSul al-din in Tétouan, kuliyat al-lugha al-'arabiya in Marrakech (all founded in 1963), and kuliyat al-shari'a in Ait Melloul near Agadir, which was founded in 1979.
  3. ^ Belhachmi, Zakia: "Gender, Education, and Feminist Knowledge in al-Maghrib (North Africa) – 1950–70", Journal of Middle Eastern and North African Intellectual and Cultural Studies, Vol. 2–3, 2003, pp. 55–82 (65):
    The Adjustments of Original Institutions of the Higher Learning: the Madrasah. Significantly, the institutional adjustments of the madrasahs affected both the structure and the content of these institutions. In terms of structure, the adjustments were twofold: the reorganization of the available original madaris, and the creation of new institutions. This resulted in two different types of Islamic teaching institutions in al-Maghrib. The first type was derived from the fusion of old madaris with new universities. For example, Morocco transformed Al-Qarawiyin (859 A.D.) into a university under the supervision of the ministry of education in 1963.
  4. ^ Petersen, Andrew: Dictionary of Islamic Architecture, Routledge, 1996, ISBN 978-0-415-06084-4, p. 87 (entry "Fez"):
    The Quaraouiyine Mosque, founded in 859, is the most famous mosque of Morocco and attracted continuous investment by Muslim rulers.
  5. ^ Oldest University(ギネス。参照日:2018.5.5)
  6. ^ Medina of Fez”. UNESCO World Heritage Centre. UNESCO. 2016年4月7日閲覧。

座標: 北緯34度3分52秒 西経4度58分24秒 / 北緯34.06444度 西経4.97333度 / 34.06444; -4.97333