メインメニューを開く
カラドリウス。

カラドリオス[1]、あるいはカラドリウスギリシア語: Χαράδριος, ラテン語: Caladrius, Charadrius)は、中世ヨーロッパ等で信じられていた神鳥の一種である[2]

解説編集

カラドリオスは、キリスト化身[2]とも、の使いとも言われている。

危篤の枕元に現れ、回復の見込みがある(あるいはの良い)ならをじっと見つめ、を吸い取ってくれる。そうでなければ飛び去ってゆく。

西欧の人には、見ただけで病が薄まり、を飲めば不老長寿になると信仰されている。

特徴編集

カラドリオスは全体的に白っぽいだが、周り、の付け根、は黒いという。は極端に小さく、くちばしも堅く小さめだといわれている。首にアヌビスの書かれた黒いを提げており、吸い取った病をその袋に貯める。貯めた病が最大量まで達するとを産む。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 松平 (2005) で確認できる表記。
  2. ^ a b 松平 (2005)、238頁。

出典編集

一次資料編集

参考文献編集

  • 松平俊久「カラドリオス」『図説ヨーロッパ怪物文化誌事典』蔵持不三也監修、原書房、2005年3月、238-240頁。ISBN 978-4-562-03870-1

関連項目編集

  • チドリ(ギリシア語の Χαράδριος およびラテン語の Caladrius は、「チドリ」を意味する)

外部リンク編集