カランガスム県 (カランガスムけん、Kabupaten Karangasem) は、インドネシア共和国バリ州東部の県(第二級地方自治体=Daerah Tingkat II)。バリ島最東端に位置する。

カランガスム県

Kabupaten Karangasem
カランガスム県の位置
カランガスム県の位置
インドネシア
バリ州
県庁所在地 アムラプラ
面積
 • 合計 839.54 km2
人口
(2002)
 • 合計 369,320人
 • 密度 440人/km2
ウェブサイト www.karangasemkab.go.id/

県央部のアグン山はバリ最高峰(2567m)であり、バリの人々の信仰の対象でもある。その南西の麓にバリヒンドゥーの総本山ブサキ寺院がある。

南部海岸にビーチリゾート地チャンディダサを擁する。また、チャンディダサの北にバリアガ人の村トゥガナンがある。

2020年、世界的な新型コロナウイルスの感染拡大が進むと、インドネシア政府は外国人の入国を制限。2021年10月に制限付き解除が行われるまで、リゾート地から観光客が失われた。

2021年10月16日、マグニチュード4.8の地震が発生。多数の建築物が破損し、死者1人、負傷者7人以上の被害が生じた[1]

隣接自治体編集

地域編集

6つの郡 (Kecamatan) に分かれる。

  • クブ郡
  • ルンダン郡
  • アバン郡
  • シドゥムン郡
  • スラッ郡
  • ブハンドゥム郡
  • カランガスム郡
  • マンギス郡

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集