メインメニューを開く

カルナールの戦い(カルナールのたたかい、ペルシア語:جنگ کرنال, 英語:Battle of Karnal)は、1739年2月24日インドカルナールにおいて、ムガル帝国アフシャール朝イランのと間に行われたナーディル・シャーのインド侵攻中に行われた戦闘。

カルナールの戦い
Battle of Karnal
Battle of Karnal.jpg
カルナールの戦い
戦争ナーディル・シャーのインド侵攻
年月日1739年2月24日
場所インドカルナール
結果アフシャール朝の勝利[1]
交戦勢力
Nadir Shah Flag.svgアフシャール朝 Flag of the Mughal Empire (triangular).svgムガル帝国
指導者・指揮官
Nadir Shah Flag.svg ナーディル・シャー
Nadir Shah Flag.svgナーシルッラー・クリー
Nadir Shah Flag.svgタフマースプ・ハーン・ジャラーイール
Nadir Shah Flag.svgファトフ・アリー・ハーン・アフシャール
Nadir Shah Flag.svgルトフ・アリー・ハーン・アフシャール
Flag of the Mughal Empire (triangular).svgムハンマド・シャー
Flag of the Mughal Empire (triangular).svgカマルッディーン・ハーン
Flag of the Mughal Empire (triangular).svgサアーダト・アリー・ハーン
Flag of the Mughal Empire (triangular).svgハーン・ダウラーン 
Flag of the Mughal Empire (triangular).svgサアドゥッディーン・ハーン
Flag of the Mughal Empire (triangular).svgシェール・ジャング
Flag of the Mughal Empire (triangular).svgフワージャ・アーシューラー
Flag of the Mughal Empire (triangular).svgムザッファル・ハーン  
Flag of the Mughal Empire (triangular).svgアリー・ハミード・ハーン  
Flag of the Mughal Empire (triangular).svgムハタラム・ハーン  
Flag of the Mughal Empire (triangular).svgアスリーフ・ハーン  
Flag of the Mughal Empire (triangular).svgアリー・アフマド・ハーン  
Flag of the Mughal Empire (triangular).svgシャーバード・アフガーン  
Flag of the Mughal Empire (triangular).svgヤードガール・ハサン・ハーン  
Flag of the Mughal Empire (triangular).svgアシュラーフ・ハーン  
Flag of the Mughal Empire (triangular).svgイティバール・ハーン  
Flag of the Mughal Empire (triangular).svgアキール・ベグ・カンバルポーシュ 
Flag of the Mughal Empire (triangular).svgミール・カールー 
Flag of the Mughal Empire (triangular).svgラタン・チャーンド  
Flag of the Mughal Empire (triangular).svg ジャーン・ナーシル・ハーン 
戦力
55,000人[2][3][4] 300,000人
(非戦闘員100,000人以上)[5]


戦象2,000頭
大砲3,000門

損害
~2,500人[4] 20,000人 - 30,000人[6]

この戦いはアフシャール朝の圧勝に終わり、ムガル帝国は大勢の将兵を失い、甚大な損害を被った。負けたムガル帝国はイラン側と講し、ナーディル・シャーをデリーに入城させたものの、結局はデリーを破壊された。カルナールの敗戦は帝国の衰退に直接的につながる戦いの一つでもあった。

目次

戦闘に至る経緯編集

1738年以降、アフシャール朝の君主ナーディル・シャームガル帝国領に侵攻し、すでにアフガニスタンカーブルが奪取され、イラン軍は帝都デリーに向けて進軍していた。そして、同年末にはインド北西部にまで侵攻した。

だが、派閥争いをしていた貴族らは派閥争いをやめず、防衛の指揮系統や防衛方法すら合意に至らずにあいまいなままで、彼らは相互に猜疑心と嫉妬心に駆られていた[7][8]

このように貴族らが争っていた結果、皇帝親征の軍勢がデリーを出発したのは2月になってからであった。とはいえ、帝国は寄せ集めといえど、歩兵・騎兵20万、非戦闘員10万、象軍2千、大砲3千門という大軍勢を用意することが出来た。ムガル帝国の必殺ともいえる攻撃は大規模な象軍による攻撃であった。

戦闘編集

 
カルナールの戦いにおける両軍の布陣
 
カルナールの戦い

1739年2月24日、デリーから北へ110キロの地点カルナールで、ムガル帝国軍とイラン軍は激突した[9][8]

ムガル帝国軍は左翼に皇帝ムハンマド・シャーニザームの軍勢、サアーダト・アリー・ハーンの軍勢が右翼、中央に軍務大臣(ミール・バフシー)ハーン・ダウラーンの軍勢が布陣した。イラン軍は左翼にファトフ・アリー・ハーン・アフシャールルトフ・アリー・ハーン・アフシャール、右翼にタフマースプ・ハーン・ジャラーイール、中央にナーディル・シャーと息子ナーシルッラー・クリーが布陣した。なお、ナーディル・シャーは前衛の騎兵4,000人を率いていた。

イラン軍は最初に騎兵が逃げるふりをする作戦を実行した。サアーダト・アリー・ハーン はこれを追跡したが、3マイルから4マイル離れた帝国軍の砲撃の届かない地点で待ち伏せしていた軍に攻撃された。

追跡していた帝国軍は逃げ始めたが、サアーダト・アリー・ハーンはなんとか踏みとどまった。だが、この混乱は帝国軍の右翼を崩壊させ、中央にいたハーン・ダウラーンもサアーダト・アリー・ハーンを支えきれず、撤退を余儀なくさせられた。

混乱した右翼と中央にはイラン軍の砲撃が浴びせられた。2時間及ぶ砲撃のなか、ハーン・ダウラーンは致命傷を負い、死亡したのちに陣営に運び込まれた。

右翼と中央の崩壊はやがて帝国軍全体に及び、軍全体の指揮が低下し、まもなく敗走し始めた。帝国軍の敗走兵に対し、イラン軍は容赦のない攻撃を加え、大勢が虐殺された。

カルナールにおける戦いはイラン軍の圧勝に終わり、この戦いでイラン軍の死者はわずか2,500人であった[4]。一方、帝国軍は20,000人から30,000人の兵士を失い、そのうえハーン・ダウラーンをはじめとする諸将の大半が犠牲になった[4]。犠牲にならなかったものの、イラン軍の捕虜となったものも大勢いた。

戦闘後の経過編集

 
デリーの住民を虐殺するナーディル・シャー

2日後、ムハンマド・シャーはイラン軍と交渉を行うためにその陣へと赴き、ナーディル・シャーと面会した[7]。ムハンマド・シャーとナーディル・シャーの交渉は混乱なく進み、その日のうちに講和がまとまった。

ムハンマド・シャーはナーディル・シャーとともにカルナールを離れ、デリーへ向かい、3月にデリーへと入城した[8][7]。だが、デリーの住民がペルシア軍に攻撃を加えたため、ナーディル・シャーは皆殺しを命じた。デリーは略奪・破壊され、住民3万人が殺害されたという。

5月初頭、ナーディル・シャーはムハンマド・シャーを帝位に戻して撤退した[8][7]。だが、彼はインダス川以西の地を割譲させたばかりか、孔雀の玉座コーヒ・ヌールダリヤーイェ・ヌールをはじめとする莫大な財宝を持ち出した。

ナーディル・シャーの撤退後、後に残ったのは廃墟となったデリーと無力な皇帝ムハンマド・シャーだけであった。デリー破壊により、ムガル帝国の権威は地に落ち、これ以降帝国は急速に衰退の道を歩むこととなった。

脚注編集

  1. ^ Dupuy, R. Ernest and Trevor N. Dupuy, The Harper Encyclopedia of Military History, 4th Ed., (HarperCollinsPublishers, 1993), 711.
  2. ^ Floor, Wiilem(2009). The rise & fall of Nader Shah: Dutch East India Company Reports 1730-1747, Mage Publishers
  3. ^ Floor, Willem(1998). new facts on Nadir Shah's campaign in India in Iranian studies, p.198-219
  4. ^ a b c d Jaques, Tony (2006), “Karnal-1739-Nader Shah#Invasion of India”, Dictionary of Battles and Sieges: A Guide to 8,500 Battles from Antiquity through the Twenty-first Century, Westport, CT: Greenwood, pp. 512 
  5. ^ Axworthy, Michael(2009). The Sword of Persia: Nader Shah, from tribal warrior to conquering tyrant,p. 254. I. B. Tauris
  6. ^ Axworthy, Michael(2009). The Sword of Persia: Nader Shah, from tribal warrior to conquering tyrant,p. 254. I. B. Tauris
  7. ^ a b c d 小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.227
  8. ^ a b c d チャンドラ『近代インドの歴史』、p.10
  9. ^ ロビンソン『ムガル皇帝歴代誌』、p.254

参考文献編集

  • フランシス・ロビンソン; 月森左知訳 『ムガル皇帝歴代誌 インド、イラン、中央アジアのイスラーム諸王国の興亡(1206年 - 1925年)』 創元社、2009年。 
  • 小谷汪之 『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』 山川出版社、2007年。 
  • ビパン・チャンドラ; 栗原利江訳 『近代インドの歴史』 山川出版社、2001年。 

関連項目編集