メインメニューを開く
カルパス

カルパスは、日本において製造・販売されるセミドライ・またはドライソーセージの一種[1]

原義はロシア語カルバサーколбаса (kolbasa))で、「ソーセージ」を意味する。佐々木酉二によれば、カルパサではパサパサな食感を連想させ語感が悪いためカルパスと命名された[1]。もともとは商品名としての造語であるが商標登録はされておらず、現在はこの種のソーセージを指す一般名詞として浸透している。主に酒のつまみとして扱われ、一口サイズに個包装されたものが袋入りで販売されている。Calpasと綴られることもあるが、特に意味のない和製外国語である。

脚注編集

  1. ^ a b 佐々木 (1980), p.250

参考文献編集

関連項目編集