メインメニューを開く
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はドミンゴス第二姓(父方の)はゴメスです。
カルロス・ゴメス・ジュニオル

カルロス・ドミンゴス・ゴメス・ジュニオル(Carlos Domingos Gomes Júnior、1949年 - )はギニアビサウ共和国の政治家。同国首相を2期務めた。

ゴメスはギニア・カーボベルデ独立アフリカ党(PAIGC)党首である。同党はギニアビサウ独立の1974年から1999年のクーデターまでの間の政権与党であった。2004年の議会選挙で多数の議席を獲得し、連立政権を主導した。銀行家であり、実業家でもあり、ギニアビサウ一の富豪といわれている。1994年に議会選挙に初当選。「カドゴ」の愛称で知られている。

2005年10月28日ジョアン・ヴィエイラ大統領はカルロス・ゴメスの政府解体を宣言し、2005年11月2日に、長年の同士であったアリスティデス・ゴメスを首相に任命した。

2009年1月2日、再度首相に任命された。2012年に大統領選挙に出馬するため首相を退任、副首相のアジャト・ジャロ・ナンディーニャ英語版が暫定首相となった[1]。3月の大統領選挙第1回投票では得票率48.97%となり、次点で元大統領のクンバ・ヤラ(23.36%)に大差をつけ[2]、4月29日の決選投票では勝利が確実と目されていたが、4月12日にクーデターが発生しライムンド・ペレイラ大統領代行とともに陸軍に身柄を拘束され、一時的に所在が不明となった[3]。大統領選挙は中止され、二人は4月26日にコートジボワールにて解放された[4]

出典編集