カレル・リスモン (Karel Lismont、1949年3月8日 - )は、ベルギーの陸上競技選手。マラソン得意とした選手で、1972年ミュンヘンオリンピックでは銀メダルを、1976年モントリオールオリンピックでは銅メダルを獲得した選手である。リンブルフ州ボルグロン出身。

獲得メダル
ベルギーの旗 ベルギー
陸上競技
オリンピック
1972 ミュンヘン 男子 マラソン
1976 モントリオール 男子 マラソン
ヨーロッパ陸上競技選手権大会
1971 ヘルシンキ 男子 マラソン
1978 プラハ 男子 マラソン
1978 アテネ 男子 マラソン

経歴編集

リスモンは、1971年のヨーロッパ選手権の10000mに出場し28分31秒2の記録で16位という結果を残す。そのときまだリスモンの名はあまり知られていなかった。5日後、彼はマラソンに出場する。このレースはイギリスのトレバー・ライトやロン・ヒル、ベルギーのガストン・ローランツらが優勝候補に挙げられており、リスモンは下馬評にもあがっていなかったが2時間13分09秒のタイムで見事勝利した。

1972年ミュンヘンオリンピックに出場。2時間14分31秒のタイムで、優勝したアメリカフランク・ショーターに次いで銀メダルを獲得。さらに4年後のモントリオールオリンピックにも出場。2時間11分12秒のタイムで、東ドイツワルデマール・チェルピンスキー、アメリカのショーターに次いで銅メダルを獲得。2大会連続の表彰台となった。

さらに、2年後の1978年ヨーロッパ選手権、さらに1982年のヨーロッパ選手権でも銅メダルと、ヨーロッパ選手権でも2大会連続、3回の表彰台に立つこととなった。

その後のリスモンは、1980年モスクワオリンピックにも出場するも2時間13分27秒の9位に終わり、オリンピックでの3大会連続のメダル獲得とはならなかった。1983年には第1回の世界選手権が開催され、リスモンは優勝したオーストラリアロバート・ド・キャステラから1分以上遅れの9位でゴール。1984年には4大会連続のオリンピックとなる1984年ロサンゼルスオリンピックにも出場。しかし、優勝したポルトガルカルロス・ロペスから8分近く送れてゴール24位という結果に終わった。

同年にはベルリンマラソンで優勝。1986年から開催されたハンブルクマラソンでは、1986年、1987年と連覇を果たしている。

自己ベスト編集

  • マラソン - 2時間11分13秒 (1976年7月31日:モントリオール)

実績編集

大会 場所 種目 結果 記録
1971 ヨーロッパ陸上競技選手権大会 ヘルシンキフィンランド 10000m 16位 28分31秒2
1971 ヨーロッパ陸上競技選手権大会 ヘルシンキ(フィンランド) マラソン 1位 2時間13分09秒
1972 オリンピック ミュンヘン西ドイツ マラソン 2位 2時間14分32秒
1976 アムステルダムマラソン アムステルダム(オランダ) マラソン 1位 2時間18分48秒
1976 オリンピック モントリオールカナダ マラソン 3位 2時間11分13秒
1978 ヨーロッパ陸上競技選手権大会 プラハチェコスロバキア マラソン 3位 2時間12分08秒
1980 オリンピック モスクワソビエト連邦 マラソン 9位 2時間13分27秒
1982 ヨーロッパ陸上競技選手権大会 アテネギリシャ マラソン 3位 2時間16分04秒
1983 世界陸上競技選手権大会 ヘルシンキ(フィンランド) マラソン 9位 2時間11分24秒
1983 ベルリンマラソン ベルリン(西ドイツ) マラソン 1位 2時間13分37秒
1984 オリンピック ロサンゼルスアメリカ合衆国 マラソン 24位 2時間13分27秒
1986 ハンブルクマラソン ハンブルク(西ドイツ) マラソン 1位 2時間12分12秒
1987 ハンブルクマラソン ハンブルク(西ドイツ) マラソン 1位 2時間13分46秒

外部リンク編集