1972年ミュンヘンオリンピックの陸上競技

1972年ミュンヘンオリンピック陸上競技(1972ねんミュンヘンオリンピックのりくじょうきょうぎ)は、1972年8月31日から9月10日までの競技日程で実施された。

1972年ミュンヘンオリンピックの陸上競技
Athletics pictogram.svg
日程 1972年8月31日 - 9月10日
競技場 ミュンヘン・オリンピアシュタディオン
参加国 104カ国・地域
種目数 38 (男子 : 24 / 女子 : 14)
1968
1976

概要編集

男子は24種目、女子は1500m、4x400mリレーが追加され14種目で争われた。

競技結果編集

男子編集

種目
100m
詳細
  ワレリー・ボルゾフ
ソビエト連邦 (URS)
10秒14   ロバート・テイラー
アメリカ合衆国 (USA)
10秒24   レノックス・ミラー
ジャマイカ (JAM)
10秒33
200m   ワレリー・ボルゾフ
ソビエト連邦 (URS)
20秒00   ラリー・ブラック
アメリカ合衆国 (USA)
20秒19   ピエトロ・メンネア
イタリア (ITA)
20秒30
400m   ヴィンセント・マシューズ
アメリカ合衆国 (USA)
44秒66   ウェイン・コレット
アメリカ合衆国 (USA)
44秒80   ジュリアス・サング
ケニア (KEN)
44秒92
800m   デーブ・ウォットル
アメリカ合衆国 (USA)
1分45秒9   エフゲニー・アルザノフ
ソビエト連邦 (URS)
1分45秒9   マイク・ボイト
ケニア (KEN)
1分46秒0
1500m   ペッカ・バサラ
フィンランド (FIN)
3分36秒3   キプチョゲ・ケイノ
ケニア (KEN)
3分36秒8   ロッド・ディクソン
ニュージーランド (NZL)
3分37秒5
5000m   ラッセ・ビレン
フィンランド (FIN)
13分26秒4   モハメド・ガムーディ
チュニジア (TUN)
13分27秒4   イアン・スチュワート
イギリス (GBR)
13分27秒6
10000m   ラッセ・ビレン
フィンランド (FIN)
27分38秒4
世界新
  エミール・プッテマンス
ベルギー (BEL)
27分39秒6   ミルツ・イフター
エチオピア (ETH)
27分41秒0
マラソン   フランク・ショーター
アメリカ合衆国 (USA)
2.12:19.8   カレル・リスモン
ベルギー (BEL)
2.14:31.8   マモ・ウォルデ
エチオピア (ETH)
2.15:08.4
110mハードル   ロッド・ミルバーン
アメリカ合衆国 (USA)
13秒24
世界新
  ギー・ドルー
フランス (FRA)
13秒34   トーマス・ヒル
アメリカ合衆国 (USA)
13秒48
400mハードル   ジョン・アキ=ブア
ウガンダ (UGA)
47秒82
世界新
  ラルフ・マン
アメリカ合衆国 (USA)
48秒51   デビッド・ヘメリー
イギリス (GBR)
48秒52
3000m障害   キプチョゲ・ケイノ
ケニア (KEN)
8分23秒6   ベン・ジプチョ
ケニア (KEN)
8分24秒6   タピオ・カンタネン
フィンランド (FIN)
8分24秒8
4x100mリレー   アメリカ合衆国
ラリー・ブラック
ロバート・テイラー
ジェラルド・ティンカー
エドワード・ハート
38秒19
世界新
  ソビエト連邦
アレクサンドル・コルネリュク
ウラジミール・ロベツキー
ユリス・シロヴス
ワレリー・ボルゾフ
38秒50   西ドイツ
ヨブスト・ヒルシュト
カールハインツ・クロッツ
ゲルハルト・ブッヘラー
クラウス・エール
38秒79
4x400mリレー   ケニア
チャールズ・アサティ
ヘゼキアー・ニャマウ
ロバート・オウコ
ジュリアス・サング
2分59秒8   イギリス
マーティン・レイノルズ
アラン・パスコー
デビッド・ヘメリー
デビッド・ジェンキンス
3分00秒5   フランス
ジル・ベルトゥール
ダニエル・ヴェラスク
フランシス・ケルビリウ
ジャック・カレット
3分00秒7
20km競歩   ペーター・フレンケル
東ドイツ (GDR)
1:26:42.4   ウラジミル・ゴルブニチー
ソビエト連邦 (URS)
1:26:55.2   ハンス・ゲオルク・ライマン
東ドイツ (GDR)
1:27:16.6
50km競歩   ベルント・カンネンベルク
西ドイツ (FRG)
3:56:11.6   ヴェニアミン・ソルダテンコ
ソビエト連邦 (URS)
3:58:24.0   ラリー・ヤング
アメリカ合衆国 (USA)
4:00:46.0
走高跳   ユーリー・タルマク
ソビエト連邦 (URS)
2m23cm   シュテファン・ユンゲ
東ドイツ (GDR)
2m21cm   ドワイト・ストーンズ
アメリカ合衆国 (USA)
2m21cm
棒高跳   ヴォルフガング・ノルトウイック
東ドイツ (GDR)
5m50cm   ボブ・シーグレン
アメリカ合衆国 (USA)
5m40cm   ジャン・ジョンソン
アメリカ合衆国 (USA)
5m35cm
走幅跳   ランディ・ウィリアムズ
アメリカ合衆国 (USA)
8m24cm   ハンス・バウムガルトナー
西ドイツ (FRG)
8m18cm   アーニー・ロビンソン
アメリカ合衆国 (USA)
8m03cm
三段跳   ヴィクトル・サネイエフ
ソビエト連邦 (URS)
17m35cm   イェルク・ドレーメル
東ドイツ (GDR)
17m30cm   ネルソン・プルデンシオ
ブラジル (BRA)
17m05cm
砲丸投   ウラディスラフ・コマール
ポーランド (POL)
21m18cm   ジョージ・ウッズ
アメリカ合衆国 (USA)
21m17cm   ハルトムート・ブリーゼニク
東ドイツ (GDR)
21m14cm
円盤投   ルドビク・ダネク
チェコスロバキア (TCH)
64m39cm   ジェイ・シルベスター
アメリカ合衆国 (USA)
63m50cm   リッキー・ブルーフ
スウェーデン (SWE)
63m40cm
ハンマー投   アナトリー・ボンダルチュク
ソビエト連邦 (URS)
75m49cm   ヨッヘン・ザフゼ
東ドイツ (GDR)
74m96cm   ワシリー・フメレフスキー
ソビエト連邦 (URS)
74m03cm
やり投   クラウス・ヴォルファーマン
西ドイツ (FRG)
90m48cm   ヤーニス・ルーシス
ソビエト連邦 (URS)
90m46cm   ビル・シュミット
アメリカ合衆国 (USA)
84m42cm
十種競技   ニコライ・アビロフ
ソビエト連邦 (URS)
8454点
世界新
  レオニード・リトビネンコ
ソビエト連邦 (URS)
8035点   リシャルド・カトース
ポーランド (POL)
7984点

女子編集

種目
100m   レナーテ・シュテヒャー
東ドイツ (GDR)
11秒07   レリーン・ボイル
オーストラリア (AUS)
11秒23   シルビア・キバス
キューバ (CUB)
11秒24
200m   レナーテ・シュテヒャー
東ドイツ (GDR)
22秒40
世界新
  レリーン・ボイル
オーストラリア (AUS)
22秒45   イレーナ・シェビンスカ
ポーランド (POL)
22秒74
400m   モニカ・ツェールト
東ドイツ (GDR)
51秒08   リタ・ウィルデン
西ドイツ (FRG)
51秒21   キャシー・ハモンド
アメリカ合衆国 (USA)
51秒64
800m   ヒルデガルト・ファルク
西ドイツ (FRG)
1分58秒6   ニョレ・サバイテ
ソビエト連邦 (URS)
1分58秒7   グンヒルト・ホフマイスター
東ドイツ (GDR)
1分59秒2
1500m   リュドミラ・ブラギナ
ソビエト連邦 (URS)
4分01秒4
世界新
  グンヒルト・ホフマイスター
東ドイツ (GDR)
4分02秒8   パオラ・カッシ
イタリア (ITA)
4分02秒9
100mハードル   アンネリー・エアハルト
東ドイツ (GDR)
12秒59   バレリア・ブファヌ
ルーマニア (ROM)
12秒84   カリン・バルツァー
東ドイツ (GDR)
12秒90
4x100mリレー   西ドイツ
クリスチャン・クラウゼ
イングリット・ミックラー=ベッカー
アンネグレート・リヒター
ハイデ・ローゼンダール
42秒81
世界新
  東ドイツ
エベリン・カウファー
クリスチーナ・ハイニッヒ
ベーベル・シュトルッペルト
レナーテ・シュテヒャー
42秒95   キューバ
マルレネ・エレハルデ
カルメン・バルデス
フルヘンシア・ロメイ
シルビア・キバス
43秒36
4x400mリレー   東ドイツ
ダグマル・ケスリング
リタ・キューネ
ヘルガ・サイドラー
モニカ・ツェールト
3分23秒0
世界新
  アメリカ合衆国
マーブル・ファーガソン
マデリーン・マニング
シェリル・トゥサーン
キャシー・ハモンド
3分25秒2   西ドイツ
アネット・リュッケス
インゲ・ベディング
ヒルデガルト・ファルク
リタ・ウィルデン
3分26秒5
走高跳   ウルリケ・マイフェルト
西ドイツ (FRG)
1m92cm
世界新
  ヨルダンカ・ブラゴエワ
ブルガリア (BUL)
1m88cm   イローナ・グーゼンバウアー
オーストリア (AUT)
1m88cm
走幅跳   ハイデ・ローゼンダール
西ドイツ (FRG)
6m78cm   ディアナ・ヨルゴワ
ブルガリア (BUL)
6m77cm   エバ・スラノワ
チェコスロバキア (TCH)
6m67cm
砲丸投   ナデジダ・チジョワ
ソビエト連邦 (URS)
21m03cm
世界新
  マルギッタ・グンメル
東ドイツ (GDR)
20m22cm   イワンカ・フリストワ
ブルガリア (BUL)
19m35cm
円盤投   ファイナ・メルニク
ソビエト連邦 (URS)
66m62cm   アルゲンティーナ・メニシュ
ルーマニア (ROM)
65m06cm   バシルカ・ストエーワ
ブルガリア (BUL)
64m34cm
やり投   ルート・フックス
東ドイツ (GDR)
63m38cm   ヤケリーネ・トドテン
東ドイツ (GDR)
62m54cm   ケイト・シュミット
アメリカ合衆国 (USA)
59m94cm
五種競技   マリー・ピータース
イギリス (GBR)
4801点
世界新
  ハイデ・ローゼンダール
西ドイツ (FRG)
4791点   ブルクリンデ・ポラック
東ドイツ (GDR)
4768点

各国メダル数編集

国・地域
1   ソビエト連邦 (URS) 9 7 1 17
2   東ドイツ (GDR) 8 7 5 20
3   アメリカ合衆国 (USA) 6 8 8 22
4   西ドイツ (FRG) 6 3 2 11
5   フィンランド (FIN) 3 0 1 4
6   ケニア (KEN) 2 2 2 6
7   イギリス (GBR) 1 1 2 4
8   ポーランド (POL) 1 0 2 3
9   チェコスロバキア (TCH) 1 0 1 2
10   ウガンダ (UGA) 1 0 0 1
11   ブルガリア (BUL) 0 2 2 4
12   オーストラリア (AUS) 0 2 0 2
  ベルギー (BEL) 0 2 0 2
  ルーマニア (ROM) 0 2 0 2
15   フランス (FRA) 0 1 1 2
16   チュニジア (TUN) 0 1 0 1
17   キューバ (CUB) 0 0 2 2
  エチオピア (ETH) 0 0 2 2
  イタリア (ITA) 0 0 2 2
20   オーストリア (AUT) 0 0 1 1
  ブラジル (BRA) 0 0 1 1
  ジャマイカ (JAM) 0 0 1 1
  ニュージーランド (NZL) 0 0 1 1
  スウェーデン (SWE) 0 0 1 1

トリビア編集

男子100m走競技において、当時同タイムで世界記録を保持し優勝候補と目されていたアメリカ代表のエディ・ハートレイ・ロビンソンが遅刻により二次予選(準々決勝)を失格となる事件があった。原因はコーチのスタン・ライトがオリンピックの18ヶ月も前に作成されたレーススケジュールを選手に伝えていたためで、ライト本人もその後時間が変更されたことを知らされておらず、これが正しい時間であると信じていた。当日、夕方19時から(であると信じていた)レースに備えてABCテレビの本部で競技場行きのバスを待っている時に当人たちが出場すべき予選の放送がテレビで流れ、当初は一次予選の再放送であると考えていたがABCテレビのスタッフから二次予選の映像であると伝えられる。事態の重大さに気づいたハート、ロビンソン、ライトおよびロバート・テイラーは急いで会場に向かった。会場に到着後、レースのやり直しを審判団に訴えたものの認められず、結局3組であったテイラーのみ二次予選に参加でき、最終的にこの種目で銀メダルを獲得している。(なお、ハートとテイラーは4x100mリレーでは世界記録タイで優勝し金メダルを獲得した。)結果、ロビンソンのみメダルを獲得せずオリンピックが終わってしまったが、後年「(この事件に関して)ライトを非難するつもりはない。」と語っている。ロビンソンは2001年よりフロリダA&M大学のコーチに就任し、北京オリンピックの男子100m走および200m走で銅メダルを獲得するウォルター・ディックスも指導した。

関連項目編集

外部リンク編集